旅行

サイパンの美しい島と海~アクティビティ、癒やし、美味しいレストランを紹介します

こんにちは、茶子です。 今日は、美しい島 ”サイパン島” のご紹介です。 ダイビングや素潜りが趣味の私。これまで美しい海を求めて様々な地を訪れてきました。 リピートするほどの魅力的なエリアとして、例えば…

  • 定番人気リゾート オアフ島
  • 大自然が美しい ハワイ島
  • 日本屈指の南国リゾート 沖縄
  • 神秘に満ちた美しい バリ島
  • 語学留学先としても人気 セブ島
  • 映画「ザビーチ」の舞台になった秘境 ピピ島
  • 南太平洋に浮かぶ楽園 フィジー
  • 青い海・白亜のビーチ・プチフランスと呼ばれるお洒落な島 ニューカレドニア
  • 世界遺産の巨大サンゴ礁が圧巻 オーストラリア・グレートバリアリーフ

… などがあります。 そんな魅力的な海と比較してもなお「1, 2位を争う美しい海」といえるのが、今回ご紹介するサイパンです。 深い青が印象的な ”マリアナブルー” の海をもつサイパンの写真 透明度が非常に高く、引き込まれてしまいそうな錯覚にさえ落ち入ってしまう、深い青が印象的な ”マリアナブルー” の海をもつサイパン。

サイパンの魅力は語りつくせないほどありますが、ここでは "サイパン概要・魅力" "感動のアクティビティ" "ここは行くべき美味しいレストラン" "サイパン基本・旅行情報"などを併せて、ご紹介していきたいと思います。

この記事が、サイパンの魅力を知るきっかけになり、多くの人の旅がより豊かなものになれば幸いです。  

この記事の内容

この記事はこんなあなたにお勧めです。

  1. 何度も行きたくなるサイパンの魅力を知りたい
  2. オススメレストランを知りたい
  3. サイパン旅行の参考情報を知りたい

サイパンについて

サイパン島

日本の南2400kmのところに位置するサイパンは、北マリアナ諸島連邦の中心的な島。

直行便で約3時間半ほどのフライトで着いてしまうほど、日本にとっては身近なところにあります。 島は南北に細長く、22×9kmほどの大きさ。周囲がサンゴ礁で囲まれたとても美しい島です。

平均気温約27℃と一年を通して温かい常夏の島でとても過ごしやすいです。

では、サイパン島の豊かな魅力を、さらにみていきましょう。  

サイパン島の魅力

1.世界有数の透明度・マリアナブルーの海 サイパンの最大の魅力はなんと言っても海の美しさです。 透明度が30m~、時には60m以上にもなるマリアナブルーの海を表現する写真 透明度が30m~、時には60m以上にもなるマリアナブルーの海。

海の中には、豪快なドロップオフ・美しいサンゴ礁・神秘的な洞窟・心癒される白砂といった豊かな地形が存在し、ダイバーたちを飽きさせません。

白砂のビーチから一歩海へ飛び出すと、そこには沢山の熱帯魚が泳いでおり、シュノーケルをしているだけで癒されます。

美しい海を眺めながら、ビーチでのんびり過ごすのもオシャレですね。    

2.素朴な町の雰囲気

サイパンの町は、ハワイのワイキキやグアムと比べると、なにもない町です。もちろん、食べるのに困らないくらいのレストランやお土産屋さんは十分ありますが、ワイキキなどと比べると圧倒的に少ないです。 サイパンの繁華街 ガラパン でも、そんな ”なにもない” のが良いのです。静かでゆったり時間が流れる素朴な町、これもサイパンの魅力の1つです。

忙しい日本から脱出し自分を解放したくなった時、きっとそんなサイパンが、優しく受け止めてくれることでしょう。   サイパンのビーチと釣り人ーサンセットがきれい

3.アクティビティーの豊富さ

壮大な自然と美しい海を併せ持つ島。そんなサイパン島では、様々なアクティビティを楽しむことができます。 サイパンの海に浮かぶ漁船 例えば

  • パラセーリング・シーウォーカー・サブマリン・バナナボート・シュノーケル・ダイビング・スタンドアップパドルなどのマリンアクティビティ
  • オフロードバギー・マウンテンバイク・スカイダイビング・トレッキング・星空観測といったアドベンチャー
  • 戦争の爪跡から美しい自然まで盛り沢山の島内観光
  • 自然豊かな美しいコースが自慢のゴルフツアー
  • おしゃれなリゾートホテルからローカル店まで豊富なラインナップのスパ体験

などなど。 サイパンでパラセーリング 魅力的なアクティビティの数々に、選ぶのに困ってしまうほどです ♪ ♪    

サイパン基本・旅行情報

サイパンの基本・旅行情報をご紹介します。旅行準備の参考にしてくださいね。

サイパン基本情報

時差

日本との時差はちょうど+1時間。例えば、日本が13:00ならサイパンは14:00ということになります。

気候

海洋性亜熱帯気候で、平均気温約27℃と、一年を通して温かく気温変化が少ないです。 季節は、4~10月の雨季と11~3月の乾季に分かれています。雨季といっても日本の梅雨とは異なり、熱帯特有のにわか雨(スコール)が降るのが特徴です。

言語

基本的には英語です。ときどきチャモロ語やパラオ語などの言語が飛び交っているのも耳にします。

コンセント・電圧

コンセントの形状は日本と同じです。 電圧は120V/60Hzで、日本の電圧 100V/50-60Hz より若干高いです。

通貨

アメリカドル

飲料水

公共水道水は飲めないため、ミネラルウォーターを利用しましょう。

Wi-Fi

基本的にはホテルやレストランなどのWi-fiが利用できます。 いつでも手軽にインターネットに接続したい場合は、「ルーターのレンタル」が断然おすすめです。    

日焼け止め

強烈な太陽が降り注ぐサイパンでは、日焼け止めは必須アイテムです。

おすすめは、飲む日焼け止め「Premium~ホワイトヴェールプレミアム」です。詳しくは以下の記事でもご紹介しています。

遊び・トレンド筆者も飲んでいる飲む日焼け止め

飲む日焼け止め|紫外線で老化が進む?おすすめ美白サプリ5選のレビュー&選び方

老化と紫外線の密接な関係についてご存知ですか?老化に負けない…

太陽に負けないサプリ

WHITE VEIL Premium~【ホワイトヴェールプレミアム】~

サイパン旅行情報

フライト

現在、直行便は、1日1便。成田空港発、デルタ航空によって運航されています。 乗継便(グアム経由)だと、大阪、名古屋、福岡からも飛んでいます。 詳しくは、エクスペディア 公式サイトなどでお得なチケットが簡単に検索できます。

旅費(飛行機+ホテル)の目安

時期やホテルランクにより異なりますが、安いツアーで3日間 4-5万円くらいからあります。ハイシーズンになると高いツアーだと20万円くらいするようです。

以前利用したことがありますが、あのHISが運営する格安チケット比較サイト「サプライス!」をつかうと、簡単にお得なチケットを探すことができます。

パスポート残有期間とビザ

パスポートは帰国時まで有効なものがあれば入国できますが、入国時45日以上が望ましいとされています。 ビザは、「北マリアナ諸島連邦ビザ免除プログラム」という制度により、ビザなしでも入国することができます。 が、できれば、ESTA(エスタ、電子渡航認証システム)を取得しておくと、英語で記入する各種書類の提出の免除や、入国審査時に優先的に順番を回してもらえるため、入国がスムーズに行えます。

参考リンク

感動のアクティビティたち

サイパンにきたらぜひ体験していただきたい魅力的なアクティビティをご紹介します。

グロットシュノーケリング

サイパン北部に、"グロット" と呼ばれる大人気の場所があります。ここでは、ダイビングも出来ますが、シュノーケルでも他では味わえない体験ができます。 グロットでシュノーケリングを楽しむ人たち グロットには、断崖絶壁の岩に囲まれた天然プールと洞窟があります。そして、洞窟内部が外洋とつながっています。その外洋からの光が反射することで、洞窟内に青い光が放たれ、とても幻想的な空間が創り上げられます。 海中に目をやると、真っ青な海に光のカーテンが美しく降り注いでいます。その輝きの中を、たくさんの綺麗な魚たちと一緒に泳ぐ。ここでは、そんな奇跡のような時間を過ごすことができます。  

グロットとは

グロットとは洞窟のこと。サイパンの「グロット」といえばこのスポットを指す。(出典:Wikipedia

マニャガハ島

マニャガハ島は、サイパン本島から船で15分ほどのところにあるとても美しい島です。 マニャガハ島を遠くからみた写真 美しい自然が残された周囲 1.5kmほどの小さな島。その周りには、白亜のビーチどこまでも青く透き通る海が広がっています。

楽園ともいえるこの島でのんびり過ごせば、誰もが心から癒されるはず。 また、パラセーリング・シーウォーカー・サブマリン・バナナボート・シュノーケル・ダイビング・スタンドアップパドルといった島内でできるマリンアクティビティが充実しているのも嬉しいポイントです。 サイパンでマリンスポーツ(シュノーケルやパラセーリング)をするときは、こんなボートがつれてってくれるはず    

禁断の島 トレッキング

サイパン南東部に位置する”禁断の島”を中心に、大自然の中をハイキングしていきます。 サイパン南東部に位置する”禁断の島”をトレッキング中の茶子 道中には険しい道や密林地帯もあり、かなりスリルがあります。

そして、スリルのある丘陵地を抜けると、そこには壮大な景観が広がっています。 スリルのある丘陵地を抜けると待っている壮大な景観と茶子のトレッキング さらに歩みを進めると、天然プールがあり、熱帯魚とともにシュノーケルを満喫することができます。 トレッキング中に行ける天然プール 達成感と充実感いっぱいのトレッキングコースになっています。    

サイパン島北部周遊

サイパン北部には、美しい景勝地や歴史的名所など、見逃せないスポットが多く点在しています。

例えば "白くそびえ立つ島 × 青く透き通る海" が織りなす景観が美しいバードアイランド。 美しいバードアイランド バードアイランドを望遠で見てみた

戦争の悲劇を忘れないためにも一度は見ておきたいバンザイクリフ。

スーサイドクリフの看板 などなど。 サイパンにきたら、ぜひ一度は「サイパン島の北部周遊」へ行ってみてください。    

ダイビング

世界有数の透明度を誇るサイパンの海。また、深い青が特徴のマリアナブルーの美しさは、他では見ることができません。 ダイビング中の茶子と水面から降り注ぐ太陽光 潜るポイントにより、ドロップオフ・サンゴ礁・洞窟・白砂といった様々な地形を楽しむことができます。 海の中の洞窟を泳ぐ茶子 オレンジフィンアネモネフィッシュ、アオスジスズメダイ、ダスキーアネモネフィッシュなどの可愛い魚 ダイブ中に撮った熱帯魚たち 信じられないくらいに人なつこいカメたち ダイビング中に大きな亀が迫ってきた 多いときには30~60枚もの群れで泳ぐエイ

  etc ...  圧巻の水中世界が広がっています。  

スパ

街中のスパからホテルのスパまで、サイパンには様々なスパがあります。 その日の気分に合わせて選ぶことができます。 マンディ・アジアン・スパ 人気どころでは、例えば

  • サウナ・フラワーバス・オイルマッサージで極上の体験 「マンディ・アジアン・スパ」(@マリアナリゾート)
  • 確かな技術とヒーリングストーンで人気「癒癒スパ(ゆうゆうスパ)」(@ホリディ・サイパンリゾート)
  • 最上級のボディトリートメント 「イサグア スパ」(@ハイアットリージェンシー)

などがあります。    

サイパンのおすすめレストラン

サイパンでぜひ押さえておきたい美味しいレストランをご紹介します。

サーフクラブ

2016年にオープンした人気レストラン。 2016年にオープンしたばかりのレストラン サーフクラブ   美しい白砂のビーチに建つ絶好のロケーション美味しい料理で人気のお店です。おすすめは、フリッター(写真)。 魚介のフリッターとタルタルソース大きな海老、ホタテ、白身魚がカリッと揚がっており、タルタルソースとの相性もばっちり。ぜひ一度召し上がってみて下さい。

コスタテラスレストラン

コスタテラスレストランは、美しいアチュガオビーチを眺めながらビュッフェが楽しめるレストランです。 コスタテラスレストラン(@ホテル アクアリゾートクラブ サイパン)へ向かう途中 日曜のサンデーブランチ、火・金曜のシーフードナイト、土曜のステーキ&ワインナイトなど、曜日により異なったテーマの食事を楽しむことができます。 サラダ、前菜、メイン、チーズ、スイーツなどメニューの豊富さも魅力!コスタテラスレストラン(@ホテル アクアリゾートクラブ サイパン)でステーキを焼いてもらっている写真 写真は、土曜の「ステーキ&ワインナイト」のステーキを焼いてもらっている様子です。

ハイアット キリカフェ

ハイアット キリカフェ(@ハイアットリージェンシー)は、朝食ビュッフェ、ディナービュッフェともに人気の高いレストラン。

ハイアット キリカフェ(@ハイアットリージェンシー)入り口

料理一品一品が繊細に調理されており、とてもビュッフェとは思えない美味しさです。また、スタッフの気遣いやサービスの質の高さが印象的。

席は室内とテラス席から選ぶことができます。天気の良い日は、テラス席で、庭園を眺めながらの食事もまた格別でしょう。

夕暮れ時には、テーブルから、ビーチに沈む美しいサンセットを眺めることができます。 ハイアット キリカフェ(@ハイアットリージェンシー)で飲むビール ディナーメニューは、曜日により、シーフードバーベキュー、ヨーロピアンフェアー、ケイジャン&クレオールフェスト、ラテンアメリカンキッチンなど異なったテーマで楽しめます。 ローカルで賑わう人気のレストランです。

ここの看板メニューは、ガーリックステーキにガーリックライス。そう、ガーリックが自慢のお店です。

メニューは、マグロのポキ、ガーリックシュリンプ、炒め物や揚げ物など、どれを食べても美味しいです。また、チャモロ料理「ケラグエン」もおすすめの一品です。

ビーチサンセット  

サイパンには、まだまだここでは紹介しきれない美味しいレストランやバーがたくさんあります。ぜひお気に入りのお店を探してみてください。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

今回は「マリアナブルーの美しい海と素朴な町に癒される旅」ということで、魅力いっぱいのサイパンをご紹介させていただきました。

あなたも美しいマリアナブルーを体験してみませんか? Yay, We love Saipan! ダイバー女子のみんなでジャンプ!!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください