ブログ/Blog

美しいサイパン島に惹かれて Vol.2 – 楽園1日目 ♪ 着いて早々のトラブルもなんのその~

こんにちは、茶子です。

今日は、サイパン島旅行記の続きをお話しします。

前回は、旅のダイジェストからサイパン島到着までのエピソードでした。

前回までのエピソードはこちら

 

ということで、今回は、サイパン島到着後からのエピソードです。

サイパン到着初日から、海外旅行でありがちなトラブルに巻き込まれてしまう私たちでしたが、いったいこの旅はどうなってしまうのでしょうか…?

 

サイパン到着

飛行機へ搭乗し、機内食などをいただいていると、あっという間。もうすぐサイパン島へ到着します!

 

サイパンまでのフライト時間

(フライト中の写真です。真ん中に虹が出ているのが分かりますか?)

 

日本からサイパンまでのフライト時間3時間半です。

これくらいのフライト時間だと、本当に楽に感じます。

例えば、ハワイ・ホノルルへ行こうと思うと、7〜8時間(往路・復路で違いあり) はかかります。バリ島でも同じくらい。ケアンズも。

(ホノルルでの写真。オアフ島はとても好きな場所の一つだけど、もう少し近かったら嬉しいな…)

 

他の多くのリゾート地と比べ、約半分のフライト時間で着いてしまうというのは、やはりありがたい。

 

ヨーロッパニューヨークへ13時間以上かけて行くことを考えたら..

(ニューヨークでの写真。魅力的な街だけど、直行便で13時間弱のフライト。前回訪れた時は乗継ぎ便でなんと17時間くらいかかってしまいました…)

 

もはやサイパンは ”お散歩コース” の域に入るのでは?! (は、飛躍し過ぎかな…)

 

 

でも実際、3時間半のフライトだと… 食事をして、おしゃべりを楽しんで…..  あ、気がついたら到着していたっていう感覚なんですよね。

 

こんなに日本と近いところに、息をのむほど美しい楽園 があるなんて。ふしぎ。。

 

入国手続き

さて、空港へ着いたら、まずは入国手続きを済ませます。

 

サイパン空港の入国審査というと、いつも長蛇の列といった印象があります。まあサイパンに限らず、どの国へ行っても似たような感じではありますが。。

そこで、長〜い列に並ぶのにウンザリしているあなたに、朗報(?)です!
今回のサイパン空港でも何人かの方に聞かれ、意外と皆さんご存知ないのかも?と思ったこと。それは、ESTA(エスタ) の存在です。

ESTA(エスタ)とは、米国ビザ免除プログラムのことです。アメリカやハワイなどに旅行する場合、ESTAを事前に申請することにより、ビザの取得が免除になるというもの。

サイパン島に関しては、「北マリアナ諸島連邦ビザ免除プログラム」という制度により、そもそもビザは必要ありません。ですから、当然、ESTA(エスタ)の事前申請をしなくとも、45日以内であれば渡航はできます。

ただ、このこのESTAを持っていると、以下のようなメリットがあります。

  • 機内で渡されるあの面倒くさーい英語書類(I-94 / I-736)の記入が免除されます
  • 入国審査時に優先レーンでの手続きが可能となり、スムーズに入国手続きができます

 

そこでまずは、アメリカやハワイへ行くのに既にESTAを取得していないか、確認してみましょう。取得していた場合、2年間の有効期限が切れていなければ、サイパン空港の入国審査では、迷わず優先レーンのほうへ並びましょう。通常であれば、一般レーンよりもずっと早く入国審査の手続きを進められるはずです。

今回、私も友人マミもESTAのおかげでスムーズに入国手続きをすることが出来ました。

 

晴天の空を仰ぎ、バケーションモードをON

入国手続き後、荷物をピックアップし、空港のドアを開け、そして一歩外へ踏み出せば…

南国の楽園サイパンが待っています!

 

今はちょうど雨季の季節なので、お天気悪いのかな〜? などと、心配しておりましたが、空港から外へ出てみると、晴天!きれいに晴れていました。

 

(写真は、駐車場からみたサイパン空港をです)

 

せっかくなので、ここで、サイパンのそして南国特有の暖かい空気と自然の香りを楽しみたいと思います。
… 空を見上げ、目を閉じ、そして息を大きく吸い込みます。 スー…

 はあー、気持ちいいなー ♪

こうやって少しずつ、心と身体の日常スイッチをoff に、そして バケーションモードをon にしていくのです…

 

ホテル「フィエスタリゾート・サイパン」

「茶子ちゃん、なに目を閉じているの〜?? 早く行くよー。こっちこっち

と、マミに呼ばれてしまいました。

「ごめんごめん」

車に乗り込みホテルへ向かいます。空港からホテルのあるガラパン地区 (サイパン最大の繁華街) までは、15~20分ほどの道のりです。

車の窓から見えるキレイなビーチを眺め、潮風を楽しんでいると、あっという間にホテルへ到着しました。

 

ホテルの特徴

今回宿泊先として選んだのは、フィエスタリゾート・サイパン

 

 

このホテルの特徴は、ロケーションとコストパフォーマンスの良さです。

まずは、ロケーション

目の前には、プライベートビーチがあり、ビーチでまったりしたり、マリンスポーツで遊んだり、サンセットを眺めながらビーチバーでお酒を楽しんだりできます。

 

ここのプライベートビーチの海は、藻?が生えています。そのため、少し透明感には欠けてしまうのですが、それでも、南国気分を味わうには十分綺麗な海です。

 

(写真は着いて早々海へ飛び込んでいった私…)

 

ホテル内には

  • プール
  • フィットネスセンター
  • スパ
  • レストラン
  • バー
  • コインランドリー
  • レンタカー

などの施設があり快適に過ごすことができます。

(ホテルのプールサイドからビーチを見た写真)

 

部屋は、今回私たちは、オーシャンビュールームに宿泊しました。シンプルなデザインの部屋は32㎡ほどの広さ、窓からはビーチが見え開放的でした。

(写真は部屋からの眺め)

 

ホテルのすぐ近くには、レストラン・バー・マッサージ・ギフトショップなどが軒を連ねているため、食事やお買い物にも便利です。

若干建物の古さは感じることはあるものの、コストも考慮し総合的に見ると、コストパフォーマンスがよく快適なホテルだと思います。

 

FiestaResort&SPA SAIPAN

 

フィエスタリゾート&スパ サイパン 公式ページ

 

着いた早々のトラブル

さて、無事にチェックインも済まし、部屋へ入ると…

きゃー涼しい〜♡ シンプルなデザインと色使いでリラックス出来そうなお部屋。冷房でキンキンに冷やされ、私たちを待っていてくれました。

まずは… ふかふかのベッドへ身を投げ出し!これから数日にわたる癒しの旅、そして青く光り輝く海に思いをはせます…

この時点で、身も心も完全にバケーションモード ♡

…………..

と、そこへ…

「いやーー!」

となにやら、私の癒しの時間を破るマミの叫び声が。。。

「マミちゃん、どうしたの?」(私)

「茶子ちゃん、トイレが流れないよ〜 」(困り顔のマミ… (T-T) )

「えー⁈」

私も流そうと試みますが、たしかに流れません
”ん〜困ったな〜…”

「とりあえず、フロントに聞いてみよう」

ということで、フロントに電話をかけてみました。

…………..

が、ここでまたトラブルが。フロントへの電話が通じない
”どういう事?!…”

仕方がないので、1階のフロントまで赴き、事情を説明しました。

当初 ホテル側は、「これから修理します」という提案をしてきたのですが、修理時間を聞くと、45分もかかるとのこと。

… 日本で、時間が”45分”といったら確かに”45分”なのですが、海外だとその2倍や3倍に膨れ上がることもザラですよね。

そこで、そんなリスクを回避したい私たちは「すぐに部屋を使いたいから出来れば違う部屋に変えて欲しい」とお願いをしました。

部屋の空きなどを確認していただき、結局、別の部屋に変えていただくことに。

 

JTBのすばやい対応

部屋でのトラブル発生から新しい部屋への移動までに、なんだかんだで2時間近く費やしてしまいました。

せっかくの午後の貴重な時間を無駄にしてしまったという残念な気持ち

”.. でもまあ、海外のホテルではよくあることだし、仕方ないよね”

と気を取り直し、新しいお部屋でスーツケースの荷ほどきをしていました。

するとそこへ

トゥルルー.トゥルルー.…

部屋の電話が鳴り、出てみると…

「この度は申し訳ございませんでした!ホテルから私どもJTBの方に状況の説明がありました。」

「新しいお部屋はいかがでしょうか?他になにかお困りの事はございませんか?」

今回ホテルや飛行機を手配していただいたJTBさんからでした。

私は、基本 海外ではトラブルは当たり前で、自分で乗り切るしかないと思っています。

今回こちらから特にサポートをお願いしたわけでもないのに、こんな風に連絡をくださったJTBの現地スタッフの方。優しい心遣いとサービスには驚きと感動でした。

 

この旅を通して、JTBさんには何かとお世話になりました。

 

ちなみに、新しく入った部屋はその後トラブルもなく、快適に過ごせましたよ。

そうこうしているうちに、もう6時。さてそろそろ夕食に出かけよっかね  ♫

 

 

海辺のレストラン「サーフクラブ」

今夜のレストランはここ「サーフクラブ」です。

美しいビーチを眺めながら食事ができると人気のレストラン。今回お世話になるダイビングショップ「ワンダーシー」のジュンさんに教えていただきました。

 

 

カクテル片手にサンセットを満喫 ♪

白い砂浜のビーチに建つこのレストラン。テーブルから見るサンセットがとてもきれいでした。

今回は女子旅でしたが、カップルならデートにもお勧めなすてきなレストランです。

 

美味しいディナー

すてきな雰囲気の中で、美味しい料理をいただきます。

まずは、ほうれん草のサラダ。日本のサラダ用ほうれん草に比べかなり癖があり、ハーブっぽいテイスト。最初は、”あれっ?”と思うのですが、食べ進めていくとやみつきになる味です。

 

 

つづいて、フリッター。大きなホタテ、海老、白身魚の切り身が、カリッと揚げられています。魚介類の素材の風味はそのままに、中は柔らかく、外の衣だけサクサクに揚がっており、美味。

 

最後にステーキ! またまだ日本と比べ海外の牛肉は硬いというイメージがありますが、意外にも、とっても柔らかくお肉の甘さが感じられ、日本人も大好きな味だと思います。

 

 

レストラン情報

営業時間 :10:00~14:00 / 17:00~22:00  
※ 行かれる際は、必ずお店のHPや電話で再度ご確認くださいね
電話番号 : +1 670-235-1122
公式facebookページ 

場所:チャランカノア地区 ビーチロード(ルート30)からサーフライダーリゾートホテルのところを一本入った海沿いに面したお店です。

 

 

ホテルへ戻ると

ホテルへ戻ると、プールサイドがライトに照らされ、なんだかロマンティックな雰囲気

 

夜のプールもいいねー。泳ぎたいね」

などと話しながら、しばしプールサイドでボーっとたたずむ私たち。

その後部屋へ戻ると、2人とも疲れていたのか、あっという間に夢の中へ。。。

明日も楽しい一日でありますように…. おやすみなさい ☆

 

続く(2日目 ダイビング・絶景シュノーケル・美しい島内観光と盛りだくさんな1日を満喫 ♡)

 

フォローしていただけると嬉しいな!ブログ更新を見逃しませんよ♡

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事/Latest Posts

アーカイブ/Archives

PAGE TOP