ブログ/Blog

美しいサイパン島に惹かれて Vol.4 – 幻想的な青の世界で魚になった日

こんにちは、茶子です。

今回も、サイパン島旅行記の続きです。

最初からこの旅行記をご覧になる場合は、こちらからどうぞ ☆

 

前回のエピソード(Vol.3)では…
サイパンの美しい海でのダイビングを満喫した私たちでした。

(水面へカメラを向け、カメを撮ってみました。こうやって海の中から空を見上げると、とっても癒されます、おすすめ ☆)

 

ずっと海を避けてきた友人マミ。そんな彼女も見事 人生初のダイビングに成功。海を心から楽しんでいたようでした。

(マミ、私、カメの3ショット!!)

 

前回のエピソードをもう一度ご覧になる場合は、こちらからどうぞ ☆

 

ということで 今回(Vol.4)は、サイパン島2日目午後に行なった絶景シュノーケル美しい島内観光の様子をお届けします。

 

グロット  “青の洞窟”と真っ青な “天然プール”

午前中はダイビングを満喫、ランチには美味しいお弁当。

いよいよ午後からは、シュノーケルをするために、グロットと呼ばれる洞窟&天然プールを訪れます。
ガイドをしてくれるのは、引き続き「ワンダーシー」のジュンさん。お世話になります!

 

グロット (Grotto) とは

グロットは、サイパン北東部のマドック岬の下にある、観光・シュノーケル・ダイビングで人気の場所。

 

ここには、断崖絶壁の岩に囲まれた天然プール、そして洞窟があります。

この美しい地形や、真っ青に透き通る海を一目見ようと、多くの人がここグロットを訪れます。

 

天然プールを潜っていくと、外洋とつながる横穴洞窟が3つほどあります。その横穴洞窟から差し込む外洋の光が反射することで、洞窟や天然プール内に青い光が放たれ、とても幻想的な空間が創り上げられているのです。

(外洋へ繋がる横穴洞窟。ダイビングではこの洞窟から外洋へ出て海中散歩を楽しみます。外洋へ出ると、スコーンと抜けた透明感のある海が広がり、洞窟内とはまた違う美しい世界が広がっています)

 

 

 

これまで ダイビングでしかグロットへ潜ったことがなく、シュノーケルで潜るのは今回が初めの私。

ダイビング器材を着けず、自分の身一つ(マスク・シュノーケル・フィンのみ装着)で潜る「グロット」はいったいどんな世界なんだろう?

どきどき…どきどき..♡

 

はーい、じゃあ、マスクとフィン持ってねー。グロットへ下りていくよー」

ガイドのジュンさんに呼ばれ、マミと私は、マスク・シュノーケル・フィンを抱え、ジュンさん後についてグロットの入り口へ向かいました。

 

(ここが出発地点です)

 

幻想的な青の世界で魚と戯れる

グロットはとても美しい場所なのですが、天然プールへ辿り着くまでには、険しい道のりが待っています。116段もの急な階段を下りなければならないのです。

何度来てもこの階段だけは苦手です… こわいよー

 

手すりにつかまりながら、一歩一歩ゆっくりと階段を下りて行きます。

すると、真っ青な天然プールが見えてきました。もうすぐです!

 

きゃー、期待を裏切らない美しさ♡

 

階段を下りきった所には、大きな岩があります。

私達は、その岩の上まで行き、マスク・フィンを装着しました。

さあいよいよ、絶景の海の中へ入っていきます。

 

ここで、海の中へ入るためには、高さ2mほどの岩の上から飛び込まなければなりません。

(シュノーケルをしている私たちの隣では、ダイバーさん達が海へ飛び込んでいきました。今回私たちはシュノーケルだけでしたが、ダイビングで見るグロットも本当に素晴らしいですよ)

 

まずは私から、海へ飛び込みます。

飛び込むために、岩の淵の方まで歩いていきました。そして、眼下に広がる真っ青に透き通る海を、あらためて見ていると。

あー、吸い込まれてしまいそう、、、

その青く透き通る海に、深く深く吸い込まれてしまいそうな錯覚を覚え、一瞬足がすくみます。

 

ダイビングでは何度も飛び込んでいる場所なのに、身一つだとちょっと怖い…  でも進まなければ。

足を前へ一歩踏み出し… そして

ザボーン!

続いてマミも同じように

ザボーン!

“マミだいじょうぶかな〜”と、心配していた私でしたが… 意外にも、何のためらいもなくサクッと飛び込んでいたマミでした。”私よりずっと度胸があるわ…”

 

その後、ガイドのジュンさんの後について、洞窟内部まで泳いでくと。

うわ〜、きれい!!!

幻想的な青の世界が広がっていました… 本当にきれいでした。

 

5~10mほど潜り水面を見上げてみると、真っ青な海に光のカーテンが美しく降り注いでいました。そして、その輝きの中を、たくさんの魚たちが泳いでいるのです。

(天然プールの海中から水面を見上げた写真)

 

 

奇跡のような時間

あー、いっそのこと魚になってしまいたい…

その後、何度も何度も深くまで潜っては、魚たちと一緒に泳いでいました。

(天然プールの海中から水面を見上げた写真。水面で泳いでいる人達と横穴洞窟が見えます)

 

青の世界での至福のとき…

 

このシュノーケリングは、私にとって忘れられない思い出となりました。

 

私が時々水面に顔を出し、 ”マミだいじょうぶかな?” と探すと、マミも私に気付き、”茶子ちゃん、海きれいだね〜“と

彼女もまた、青く美しい海でのシュノーケリングを満喫していたようでした。

大満足のシュノーケリング!

カプリ島や沖縄の青の洞窟も綺麗ですが、私は、深く美しい青の世界を全身・五感の全てを使って感じられる このサイパン島のグロットが一番好きです。
グロットさいこー。

 

感動とともに海から上がり….

 

… はっ、忘れてた。また116段もの階段を上って、帰らねばならぬことを…. トホホ

 

[コラム]「ワープフィンミニ」の威力

フィンを探している方の参考になればと思い、このコラムを書くことにしました。

私はダイビングではいつも「ミューフィン」というフィンを使っています。使い回しがきき、履き心地も良いため、多くの方に人気のフィンです。
今回のシュノーケルではミューフィンの代わりに、「ワープフィンミニ」というフィンを履いて潜ってみました。

初めての「ワープフィンミニ」でしたが、その履き心地の良さ推進力の高さには、とても驚かされました。

ちなみに、「ミニ」ではなく「ワープフィン・ブラック」も、脚力があって本格的にされている方には人気みたいですね (私の通っていたドルフィンスイム教室(素潜り)の先生やベテランの方は、こちらを使っていましたよ)

 

 

さて、最高に気持ちよかったグロットを後に、次は島北部観光です!

着替える場所もないので、水着の上から、ワンピースを着てそのまま観光。

こういう一見不便に感じるスタイルもまた、南国っぽくて好き

 

心を打つサイパン島北部の景勝や歴史的名所

車に乗り、ドライブをしながら、バードアイランド・バンザイ岬・スーサイドクリフなどを巡ってゆきます。

バードアイランド (Bird Island)

たくさんの海鳥が羽を休めに訪れるといわれる「バードアイランド」。日没になると無数の鳥たちがこの島に集まってくるそうです。

写真真ん中の島がバードアイランドですが、自然保護区に指定され 上陸が許されていないため、この展望台から眺めます。

ここでは、バードウォッチングだけでなく、ウミガメも多く見られるそうです。この日は一匹だけ海の中にいるのを見つけることができましたよ。

 

鳥やカメも良いのですが、ここでの見どころは、なんと言っても この景観です。

(海風を浴びながらのこの壮大な眺めは、感動と癒しを与えてくれます)

石灰岩質でできた “白い島“。エメラルドグリーンからコバルトブルーまで様々な “青が美しい海“。そして “緑豊かな森“。
すべてが一体となると息を呑むほどの美しさで、感動する光景でした。

 

スーサイドクリフ  (Suicide Cliff)

スーサイドクリフは、サイパン島北部にあるマッピ山北面の崖です。

太平洋戦争末期(1944年7月)のサイパン戦において、バンザイクリフとここスーサイドクリフで起きた、戦争のあまりに悲しい結末。
この時、たくさんの日本兵や民間人が自決したということです。(そのため、スーサイドクリフ(Suicide = 自殺、Cliff = 崖)という名前が付いたのですね)

悲しい出来事ですが、歴史をしっかりと受け止め、そこから学んでいかなければなりません…

とはいえ、実際にその場へ行くと、胸を締め付けられる思いでいっぱいになりました。

 

 

スーサイドクリフには平和記念公園があり、慰霊碑が建てられています。

 

 

 

コスタテラスでの美味しいビュッフェと美しいサンセット

島内観光が終わると、今日一日お世話になった「ワンダーシー」の方やショップで一緒になったダイバーの方たちと、総勢12人ほどでディナーへ出かけることになりました。

ワンダーシーのオーナー ミサヨさんが予約してくれたという今日のレストランは、ビーチを眺めながら食事が出来るという「コスタテラスレストラン」。アクアリゾートクラブ サイパンというホテル内にあるレストランです。


ここでは、曜日により異なったテーマで、ビュッフェを楽しむことができます。この日のテーマは、”ステーキ&ワインナイト” 。
私もマミもお肉とワインが大好きなので、2人ともかなりテンションが上がってしまいました。
ステーキは、オーダーすると目の前で焼いてもらえます。


飲み物は、ワインとビールが飲み放題でした。
サラダ、前菜、チーズ、スイーツなどのサイドメニューも豊富で、かなり食べ応えがありましたよ。

 

レストランの窓から見えるサンセットがすごく綺麗になってきたので、みんなで外へ出て写真を撮ることに。

 

にゃー今日も一日楽しかったー。しあわせ!

(手ぬぐい?を持つ私)
あー私、今日1日サイパンからどれだけの感動と癒しをもらったんだろう…

 

 

さいごは、ダイバー女子みんなでジャンプ!

Yay, We love Saipan
(この日ご一緒させていただいたダイバーの皆さん。男性もいらっしゃいましたが、写真は女性のみで。さて、マミと私はどこでしょう?)

 

 

続く(明日はいよいよマニャガハ島。きれいな島で遊びたおすぞー)

 
続きはこちら

 

フォローしていただけると嬉しいな!ブログ更新を見逃しませんよ♡

コメント

    • Jun
    • 2017年 8月 05日

    プールサイドでの写真とても素敵ですね♪

    • 茶子
    • 2017年 8月 05日

    ありがとうございます! (*^^*)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事/Latest Posts

アーカイブ/Archives

PAGE TOP