東京のこと / City of Tokyo

進化型カプセルホテル 「ナインアワーズ北新宿」宿泊レビュー

ナインアワーズ!

進化型カプセルホテルといわれるナインアワーズが北新宿にオープン!
ということで、早速、偶然にも宿を探していた友人のためにチャンスとばかりに予約を入れ、泊まってきた感想を聞いてきたのでレポートします。

実はこのホテル、すでに京都(2009年オープン)、成田空港(2014年オープン)、仙台(2015年オープン)にもあり注目を集めていますね。
また、2010年にはグッドデザイン金賞も受賞しています。
素晴らしい。

2017年夏に「ナインアワーズウーマン神田」、「ナインアワーズ赤坂」、2018年春には「ナインアワーズ浅草」がオープン。2020年までに都内を中心に50の店舗展開を計画。
今後の展開に目が離せない、非常に楽しみな進化型カプセルホテルの一つです。

ちなみに、このナインアワーズ 「9h」=” 1h(汗を洗い流す)+7h(眠る)+1h(身支度)3つの行為を時間に置き換えたもの ”とのこと。
ネーミングも素敵ですね。
ナインアワーズ公式ホームページ
グッドデザイン金賞

そして今回お伝えする「ナインアワーズ北新宿」は、2017年3月22日に都内一号店として、東京・JR新大久保駅徒歩2分の立地にオープンしたばかりのホテルです。
やはり新しいホテルはいいものです。

 

チェックイン後の第一印象

ホテルにチェックインをしてみて、最初の感想は。

機能面では

「都市の宿泊に必要な機能とそこに存在する3つの基本行動(汗を洗い流す。眠る。身支度をする)」に着目したというホテルの設計どおり、”非常にシンプルかつ機能的な作りになっているな”という印象でした。

デザイン面では

建物の内部全体が白で統一され、スタイリッシュ。
スリーピングポッド(カプセル)は宇宙船のよう。
なんだか宇宙空間に迷い込んだような感覚になり、テンションが上がりました。

 

「汗を洗い流す」スペース

では、まずはホテルの着目した3つの基本行動の1つである「汗を洗い流す」スペースを見てみましょう。

各シャワールーム内には着替えの出来る脱衣所が手前にあり、奥にシャワースペースがあります。完全個室のシャワールームは鍵がかけられるため安心できますね。

まだ新しいということもありとても清潔感があり、デザインもシンプルでモダン、かつ機能的にできています。

アメニティは一通り揃っていますので必要最低限の持ち物でよいのも嬉しいポイント。
バスタオル、フェイスタオル、館内着、歯ブラシなどロッカーの中に用意されており、シャンプー、コンディショナー、ボディソープはシャワーブース内にありました。ドライヤーも洗面コーナーで使えました。

 

「眠る」スペース

続いて、3つの基本行動の1つである「眠る」スペースを見てみると。

こちらも非常にシンプルな作りになっています。例えば、よくあるカプセル内のテレビはここにはありません。スリーピングポッド(カプセル)の大きさも広すぎず狭すぎず、ちょうど良い感じ。
”眠るためのスリーピングポッド(カプセル)”ということを考えると、とても居心地のよい空間に仕上がっています。

今回はチェックインした時間が早かったためか、この時点ではあまり宿泊客はみかけませんでした。

宇宙空間のようなデザインがとてもお洒落な印象です。

 

「身支度をする」スペース

では、3つの基本行動の1つである「身支度をする」スペースを見てみましょう。

身支度のための荷物はカードキー付きロッカーに保管することができます。このロッカーには歯ブラシ、タオル、館内着、スリッパなどが用意されており、チェックイン後その館内着に着替えゆったり過ごすことができました。

 

「ラウンジ空間&ワーキングスペース」はシンプルかつ機能的

その他、個人的に便利だなと感じたのは、ワーキングスペースでした。

ラウンジには広いオープンデスクがあるほか、個別ブース(デスク)も備えてあり、集中して作業したいときには重宝します。
こちらもシンプルかつ機能的な作りになっています。全館で使える高速wifiを使って仕事もはかどります。

ここで、利用されていた宿泊客の方たちに目をやってみると、はやり海外からの方が多い印象でした。が、日本人の方も3~4割程度はいらっしゃったように思います。

 

ホテルのこだわり

ここで、このホテルのこだわりを幾つかご紹介します。
”おもてなし”が随所に感じられ、なんだか嬉しくなりますね。

「スリーピングポッド」FRP (繊維強化プラスチック)ならではの柔らかなフォルムによって工業的な雰囲気を払拭

「QR システム」アプリをダウンロードし予約時に届くQR コードを使用するとスマートフォンでセルフチェックインやロッカーの開閉も可能

「シャワー」シャワーヘッドなどにドイツGROHE(グローエ)を採用

「マットレス」独特の寝心地を追究し、特性が異なる複数の樹脂を積層した9h オリジナルマットレス[ ニッケ商事]

「枕」快眠枕として人気のジムナストをカプセルのサイズにあわせたナインアワーズのオリジナル枕[まくらのキタムラ]フロントデスクで購入可 ¥18,000(税込)

「館内着」Mから3L まで幅広いサイズ展開。ラフになりすぎず眠りやすい9h オリジナルウェア[グンゼ]

「アメニティ」シャンプー、コンディショナー、ボディソープは「TAMANOHADA」の005フィグを採用[ 玉の肌石鹸] フロントデスクで購入可 80ml × 3 種 ¥1,620(税込)

 

宿泊料金について

今回は4000円での宿泊でした。

が、こちら、曜日や予約するタイミング、キャンペーンの適用によって変わってくるようです。
ですので、ホテルに直接お問い合わせいただくか、楽天トラベルなどのサイトで確認しご予約することをお勧めします。

楽天トラベルを見てみると、オープン記念として、2,778円/人 (消費税込3,000円/人) (2017年03月22日〜2017年12月31日の期間中)と破格で泊まれるようですね。後で知り、早く知っておけば良かったと思いました。

 

その他のナインアワーズ(成田空港、京都、仙台)でも早割りなどお安く泊まれるプランがあるようです。
例えば、仙台。プランにもよりますが、消費税込2,000円/人からと安いです。

 

成田空港は、消費税込5,000~6,000円/人。

 

京都は、消費税込2,000~7,000円/室と、こちらもとてもお得感がありますね。

 

そして、ナインアワーズウーマン神田。2017年7月27日、いよいよオープンしましたね!泊まってみたい方も多いのではないでしょうか。

 

 

外へ出かけ済ませるべき2つのこと

最後に、施設内ではなく外へ出かけ済ませるべき2つのことについて。

 食事

館内で唯一飲食ができる場所としてラウンジ空間はありますが、レストランはありません。
ですので、しっかりと食事をしたい場合は出かけて済ますことになります。

このエリアは韓国料理のお店が多いので、この機会に美味しいお店を探してみるのも楽しいのではないかと思います。

もちろん韓国料理だけでなく、エスニック料理やラーメン店、居酒屋などもあります。

お好みに合わせてお食事を楽しんでみてはいかがでしょうか。

下記のブログ記事に、このホテル近くの韓国料理レストランに伺った様子を載せています。良かったら合わせてご覧になってみてください。

また、歩いて20分ほど、電車なら1駅のところにある新宿には沢山のレストランがあります。下の記事は、美味しくてかなりコスパの良いインドレストランの様子を書いています。

よければ、是非ご覧くださいね。

 

洗濯

連泊する場合などはお洗濯したくなりますよね。

ホテルにランドリー(洗濯機)は設置されていないので、こちらも必要であれば外ですませることになります。

駅から徒歩2~3分のところにコインランドリーが数件あり洗濯を済ませることができます。

また、駅から徒歩5分のところには、2016年8月にリニューアルオープンしたばかりの「万年湯」という銭湯があるので、湯船につかりたいという方は、こちらの銭湯で入浴しがてらコインランドリーを利用されるのも良いかもしれません。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

新宿から一駅の新大久保駅徒歩2分とアクセスが非常によく、私のお気に入りの美味しいサムギョプサル専門店「トマト」(食べログ)や「くるむ」(食べログ)にも近いこのホテル。

是非また利用させていただきたいと思います。

「ナインアワーズ北新宿」さん、ありがとうございました。

 

フォローしていただけると嬉しいな!ブログ更新を見逃しませんよ♡

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事/Latest Posts

  1. サムギョプサル

アーカイブ/Archives

PAGE TOP