京都 祇園四条の路地

旅行

 

京都観光スポット!初めての女子旅やデートで行きたいオススメ15選!1泊2日でもこんなに楽しめる?!




こんにちは、茶子です。

1200年分の歴史を持った街が、東京から2時間ちょっとのところにあるなんて、なんて贅沢なんでしょう

東海旅客鉄道株式会社 CM

そんなCMの言葉に感動してしまい・・友人と京都へ女子旅へ行ってきました。

久しぶりの京都は、CMの言葉通り「こんな景色を手軽に間近で見れるなんて、なんて贅沢なの?!」と、感動で一杯になりました!

そこで今日は、京都でぜひ訪れたい観光スポット15選をご紹介したいと思います!

私自身が今回の1泊2日の旅の中で訪れたのは10カ所(のついているところ)ですが、それ以外のお勧め5カ所も合わせお伝えしていきます。




京都駅ビル

京都駅

京都は歴史への門である

というコンセプトのもと、平安京の都市の特徴である条坊制(碁盤の目)を取り入れたデザインが特徴の京都駅ビル。(設計デザイン:原 広司氏)

国際都市「京都」の玄関口となる京都駅ビル内には、レストランをはじめ、土産物屋、劇場、ホテルがあり、大型商業施設となっています。

ここでは、買い物やグルメを楽しんだり、広場やビルのデザインを眺めながら散歩することができます。

観光ポイント:大階段イルミネーション

そんな京都駅ビルの中でも、とくに見逃せないのが「大階段のグラフィカルイルミネーション」です。

メディアなどでもよく取り上げられており、人気スポットとなっています。

以下はイルミネーションを撮影したYoutubeの動画。イルミネーションの内容は季節ごとに異なります。

アクセス・営業時間・見どころ・所要時間

所在地 京都府京都市下京区東塩小路釜殿町

Google マップで見る

アクセス JR 京都駅直結
営業時間 店舗により異なる(店舗検索ページ
見どころ ビルデザインイルミネーション
所要時間 1~2時間
問合せ 075-361-4601
京都駅ビル 公式ページ

伏見 十石舟・三十石船

京都伏見 十石船

京都伏見 十石船

京都市の南部に位置する「伏見区」。

奈良時代から街道が整備され、江戸時代には全国有数の酒処とし水運も発達し、要所として栄えた町

京都へ来たらここ伏見の十石舟や三十石船にのり、京都らしい風情を味わいたいですね。

観光ポイント:十石舟・三十石船

 

伏見十石舟・三十石船(ふしみじっこくぶね・さんじっこくぶね)は、江戸時代明治時代まで、酒やコメなど物資の運搬や旅客船として使われていた舟です。

なんと三十石船は、坂本龍馬もよく利用していたのだそう。

そんな江戸時代から続く舟で、爽やかな風にあたりながら川をめぐり、酒蔵水辺が美しい港町伏見を満喫してはいかがでしょうか。

 

舟の上からは、春は桜、夏は新緑、秋は紅葉と四季折々の風情を楽しむことができます。

アクセス・営業時間・見どころ・所要時間

所在地 京都市伏見区南浜町247番地 伏見十石舟

Google マップで見る

アクセス 京阪本線「中書島」駅より徒歩5分
営業時間・料金 十石舟:10:00~16:20(最終出航)
三十石船:9:35~15:35(最終出航)
舟の運行時間と乗り場(伏見観光協会)
中学生~大人:1,200円 / 小学生:600円 / 小学生未満:300円
見どころ 紅葉
所要時間 1時間(乗船時間は40~50分)
問合せ 075-623-1030
伏見観光協会 公式ページ

伏見稲荷大社

伏見稲荷神社

全国に30,000社もあると言われるほど身近にある神社「お稲荷さん」。伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)は、そのお稲荷さんの総本宮です。

ここ伏見稲荷大社の歴史は、なんと1300年以上奈良時代(711年の2月初午の日)に稲荷大神様が稲荷山に御鎮座されて以来の歴史ある神社です。

そんな伏見稲荷大社では、参拝したり歴史を感じながら散策し楽しむことはもちろん、インスタ映えすると人気の2つのポイントがあります。

観光ポイント:千本鳥居

千本鳥居

あまりにも有名な「千本鳥居」。奥社奉拝所へ続く参道の途中にありますが、連日観光客や参拝客で大賑わいです。

鮮やかな朱色の鳥居が無数に並ぶ景観は、幻想的で圧倒される美しさ。

さらに、春は桜、秋は紅葉、冬は雪と、四季を通して美しく染まります。

観光ポイント:ライトアップ

千本鳥居

また、伏見稲荷大社はライトアップが美しい事でも有名。

ライトアップは1年中行われますが、7月に行われる「本宮祭」でのライトアップが特に美しいと人気です。

タイミングが合えば、この「本宮祭」を狙って訪れてみるのもいいかもしれません。

アクセス・営業時間・見どころ・所要時間

所在地 京都市伏見区深草薮之内町68番地

Google マップで見る

アクセス JR奈良線「稲荷」駅より徒歩2~3分
開園時間・料金 24時間、無料
見どころ 紅葉雪景色イルミネーション
所要時間 コースにより異なるが、人気の「千本鳥居」へ行く「表参道→楼門→本殿→千本鳥居→奥社奉拝所」の場合、40~50分
問合せ 075-641-7331
伏見稲荷大社 公式ページ

三十三間堂

三十三間堂

三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)は、南北に120メートルも広がる寺院であり、木造建築としては世界でも稀にみる長さの建造物です。

ちなみに、三十三間堂という名前は、内陣の柱と柱の間数が33あるという建築に由来するもの。

この建物だけでも一見の価値があります。

観光ポイント:1001体の千手観音像(重要文化財・国宝)

三十三間堂 南北に120メートルに広がる

もちろん、三十三間堂へ来たら、1001体の千手観音像を見ないわけにはいきません。

堂内へ一歩足を踏み入れると、さながら仏像の森へ迷い込んだかのようなその光景に圧倒されることでしょう。

堂内に並べられた1001体もの千手観音像

  • 中央の国宝 千手観音坐像(せんじゅかんのんざぞう)
  • 左右に500体(計1000体)の重文 千体千手観音立像(せんたいせんじゅかんのんりゅうぞう)

が、見るものを魅了する美しさを放っています。

この千手観音像の多くは、鎌倉時代建長年間(1249~1256)に造られたもの。

現在の千手観音像の遺品は、手の数を省略し42肘となっているものも多いですが、初期のものには実際に1000本の手をもつ像もあるそうです。

アクセス・営業時間・見どころ・所要時間

所在地 京都府京都市東山区三十三間堂廻町657

Google マップで見る

アクセス 京阪七条駅から徒歩で7分
JR京都駅から市バス(100・206・208系統)で10分ほどの「博物館三十三間堂前」下車すぐ
開園時間・料金 8:00~16:30
大人(大学生以上):600円 / 高校生・中学生:400円 / 小学生:300円
見どころ 紅葉雪景色
国宝
見学所要時間・料金 30~40分
問合せ 075-561-0467
三十三間堂 公式ページ

清水寺

清水寺

清水の舞台から飛び降りる

誰もが一度は耳にしたことがある言い回し(切り立った断崖に張り出している清水寺本堂の舞台から飛び降りるほどの覚悟で物事を実行する)。

こんな言葉からも、私たちになじみ深い清水寺(きよみずでら)ですが、開創は778年。そう、実に1200年以上も前のことなのです。

古くから庶民に開かれ親しまれてきた清水寺ですが、残念ながら幾度もの大火災にあい焼失しては、信仰によって再建されるという歴史を辿りました。

一方、木造建築でありながら釘が一本も使われておらず、幾度もの地震にも耐えてきたという、その素晴らしい建築技術にも注目されています。

現在、境内には30以上もの国宝・重要文化財を含む寺院や石碑が建ちならび

清水寺一帯

1994年にはユネスコ世界文化遺産「古都京都の文化財」のひとつとして登録されています。

観光ポイント:清水の舞台

屋根のふき替え工事中の清水寺

清水寺(中央が舞台):現在は屋根のふき替え工事中

 

さて、この清水寺ですが、やはり何といっても一番の見どころは「清水の舞台」ではないでしょうか。

雅楽・能・歌舞伎といった芸能を奉納する場所して親しまれてきた清水の舞台

この音羽山の中腹に建つ本堂の前面に張り出すように広がる舞台上にはヒノキが張られ、約100畳ほどもの広さを誇ります。

さらに、崖下の礎石からは約13メートルの高さと、高所恐怖症の人は足がすくむ高さにあります。

清水寺の舞台から下を眺めた光景

清水寺の舞台から下を眺めた光景

 

そんな清水の舞台ですが、桜や紅葉など四季折々の色彩や、眼下に広がる京都の街の景観とともに、その美しい眺めで人々を魅了してきました。

注意

現在は屋根のふき替え工事中です。そのため屋根は「素屋根」という覆いでおおわれています。この修復工事が完了するのは2021年3月予定だそう。工事期間中でも、もちろん拝観や舞台への立ち入りは楽しめます。(本堂の檜皮屋根葺き替え工事につきまして(公式ページ)

アクセス・営業時間・見どころ・所要時間

所在地 京都市東山区清水

Google マップで見る

アクセス 京阪電車祇園四条駅・阪急電車河原町駅下車、市バス清水道/五条坂から徒歩約10分
開館時間・料金 6:00~18:00(7月~8月は18:30)
(本堂・舞台のみ有料)高校生~大人:400円 / 小学生~中学生:200円
見どころ 紅葉雪景色ライトアップ
世界文化遺産
所要時間 約40分
問合せ 075-551-1234
清水寺 公式ページ

一念坂・二年坂・三年坂~清水寺から八坂神社へ

清水寺の参道

清水寺から八坂神社へと続く参道も欠かせない観光スポットです。

石段石畳の坂道沿いには、京都らしい風情たっぷりのお土産屋さんやお食事処が並んでいます。

それもそのはず、ここは「伝統的建造物群保存地区」指定のため、古い町並みがそのまま残されているのです。

清水寺の参道

観光ポイント:一念坂・二年坂・三年坂

清水寺に向かう道はいくつかありますが、中でも代表的な道が、「一念坂」「二年坂」「三年坂」という情緒漂う坂道です。

清水寺の参道

一念坂を通り抜け、右に折れると、二年坂になる。この坂道は古くからあったが、三年坂の手前の坂という意味で、この名が通り名となった。

(中略)

三年坂の由来は、諸説ある。清水寺境内の安産に御利益がある「子安の塔」に続く坂であるから「産(生む)寧(やすき)坂」というのが一般的で、この坂を通って清水寺へ参詣すると安産するからといわれている

JR西日本「祇園さんから清水さんへ八坂の道」

これらの道は、参道としてはもちろん、グルメやショッピングなどにとても楽しい通りとなっています。

清水寺の参道 

また、江戸期から明治・大正時代にかけての家並みを眺めながらブラブラと散策していると、なんだかタイムトリップしたような気分にさえなります。

趣ある雰囲気に包まれる街の散歩は、デートにもお勧めですし、写真好きにもたまらない場所でしょう。

清水寺の参道

メイン通りからのびるちょっとした路地でさえ絵になってしまうのです。

清水寺の参道

アクセス・営業時間・見どころ・所要時間

所在地 京都府京都市東山区桝屋町清水2丁目

Google マップで見る

アクセス 二年坂:清水道(きよみずみち)バス停下車 徒歩5分
営業/開園時間 24時間
見どころ 紅葉雪景色ライトアップ
所要時間 まっすぐ歩くだけなら 15分程度 / ゆっくり店や景観を見ながら歩くと 1~2時間
問合せ 古都に燃える会事務局 京都市東山区清水二年坂「島田耕園」

祇園四条駅周辺

祇園四条駅周辺の小路

祇園四条駅の界隈は、長い歴史ある昔ながらの商店街から歓楽街神社や参道、風情ある鴨川の景色や町家など、実に様々な京都らしい表情を見ることができる場所となっています。

観光ポイント:花見小路

花見小路通(はなみこうじどおり)は、祇園の中心を南北に貫くようはしる祇園のメインストリート。

花見小路

南は京都最古の禅寺 建仁寺(けんにんじ)から、北は三条通りまで約1kmほどの通りになります。

四条通りを挟んで北と南では雰囲気が違いますが、特に南側の建仁寺へ向かう通り沿いには

昔ながらのお茶屋さんや由緒ある料亭が軒を連ね、京都らしい木造建築石畳の道、舞妓さんの姿など、まさに「The京の街」といった雰囲気が味わえます。

花見小路

観光ポイント:祇園商店街

四条通り沿い、八坂神社参道として賑わう祇園商店街には、多くの和食店や和菓子店が軒を連ね、ショッピングやグルメなどにお勧めの場所です。

八坂神社からのびる四条通り周辺も商店街としてに賑わっています

八坂神社からのびる四条通り周辺も商店街としてに賑わっています

観光ポイント:錦市場商店街

錦市場商店街は、「京の台所」として400年もの歴史ある商店街で、アーケードの中に所狭しと店が並び、京野菜・京漬物・湯葉・佃煮など京都らしい食材を手に入れることができます。

また、購入した京のおばんざいをその場で食べられるイートインも人気です。

 

祇園四条駅周辺

アクセス・営業時間・見どころ・所要時間

所在地 京都府京都市東山区四条通大橋東入川端町

Google マップで見る

アクセス 京阪本線 祇園四条駅
営業時間 店舗により異なります。各公式ページよりご確認ください
見どころ 散策ショッピング
所要時間 散策にショッピング・グルメで 1~3時間
問合せ 祇園商店街振興組合 公式ページ
錦市場商店街振興組合 公式ページ

銀閣寺

銀閣寺は、1489年足利義政(金閣寺を建てた足利義満の孫)によって建てられた東山文化を代表する建築物。華やかな金閣寺とは対照的で、落ち着いた趣のある佇まいが特徴です。

銀閣寺

銀閣寺

 

正式名称は慈照寺(じしょうじ)。銀閣寺という呼び名からすると銀箔で輝いていそうですが、建立以来一度たりとも外壁に銀箔が貼られていたことはありません。

ではなぜ銀閣寺なの?

銀閣寺は、祖父である足利義満によって建てられた金閣寺を参考に造られたもの。そのため、金箔で彩られた金閣寺と対照的として銀閣寺という呼び名になったというのが一般の説のようです。

観光ポイント:観音殿

銀閣寺のメインともいえる観音殿は2層構造になっています。初層は住宅風、上層が仏堂という構造です。

金閣寺のような華やかさはありませんが、わびさびを表現した趣のある建物が人気です。

観光ポイント:銀閣寺垣

 

銀閣寺垣は、銀閣寺の総門を入ってすぐのところにあり、辺りが見渡せないほど背の高い生垣(長寿の木といわれるツバキ)とその下の竹垣で構成されています。

この銀閣寺独自の竹垣の創作は、造園の世界からも注目されるほどの傑作なんだそう。

観光ポイント:向月台と銀紗灘

本堂前に、白砂で造られた向月台(こうげつだい)と銀沙灘(ぎんしゃだん)という造形物があります。

銀沙灘は、高さ約65cmの波の形をした砂の庭園。

向月台は、高さ約180cmの富士山のような円錐型をしており、この上に座って東山に上る月を眺めたそう。

実は、これら造形物は、光りの反射率の高い「白川砂」と呼ばれる京都特産の砂が使われており、間接照明の役割を果たしたともいわれています。

アクセス・営業時間・見どころ・所要時間

所在地 京都府京都市左京区銀閣寺町

Google マップで見る

アクセス 市バス203・5・17系統「銀閣寺前」下車徒歩5分 / 市バス32・100系統「銀閣寺道」下車徒歩10分
拝観時間・拝観料 8:00-17:00(12-2月 9:00-16:30)/ 高校生以上 500円 / 中~小学生 300円
見どころ 紅葉雪景色ライトアップ
世界遺産
所要時間 40分
問合せ 075-771-5725
慈照寺(銀閣寺)京都府公式ページ

京都御苑・京都御所

 

京都御所は、14世紀半ばから1869年まで天皇の住まう皇居だったところです。

794〜1869年、日本の首都が 平安京(平安城ともいう。現在の京都府京都市)だったとき、京都に歴代天皇の住まう内裏がありました。

794年の平安遷都の時の内裏は、現在の京都御所よりも1.7キロ西の千本通り沿いにあったそう。

ところが、南北朝時代の14世紀半ば頃から、現在の京都御所の場所が北朝側の内裏として使われるようになり、1392年の南北朝合一以降、1869年の明治天皇の東京行幸時までは、正式な皇居として使われていました。

そんな京都御所のある京都御苑(京都御所とその一帯の公園)、以前は春と秋に実施される特別公開のみの見学でしたが、今では一年中無料での見学が可能になりました。

観光ポイント:自然・歴史

東西約700メートル南北1.3キロメートルもの広大な敷地をもつ京都御苑では

梅、桃、桜、新緑、紅葉など四季折々に彩る草木、小川の水辺、蝉や野鳥の声など、自然を存分に楽しむことが出来ます。

また、閑院宮邸跡収納展示館では、平安時代から現在にいたるまでの京都御苑の歴史的魅力を、写真や絵図・出土品等の展示や解説でみることができます。

アクセス・営業時間・見どころ・所要時間

所在地 京都府京都市上京区京都御苑3

Google マップで見る

アクセス 地下鉄烏丸線「今出川駅」より徒歩5分
市バス51、59、102系統「烏丸今出川」より徒歩5分
公開時間 4月~8月 9:00~17:00(入場16:20まで)
10月~2月 9:00~16:00(入場15:20まで)
9月・3月 9:00~16:30(入場15:50まで)
見どころ 紅葉
所要時間 50分
問合せ 075-211-1215(宮内庁京都事務所参観係)
宮内庁 公式ページ

二条城

二条城

徳川家の栄枯盛衰のみならず,日本の歴史の移り変わりを見守ってきたお城です

出典:二条城 公式ページ

二条城といえば、徳川幕府が終えんを迎えた大政奉還の舞台となったところとして有名ですね。2017年には大政奉還から150周年を迎え、たくさんの観光客でにぎわいます。

そんな世界遺産 二条城は、1603年 徳川家康が上洛した際の宿泊所として築城されたのが始まり。

その後、二条城は、江戸時代の幕開けから終焉まで、歴史の様々な局面を見届けることになります。

1603年 徳川家康が征夷大将軍に任命された際の盛大な祝賀の儀も二条城で行なわれました。

二条城

1611年 二条城の二の丸御殿徳川家康と豊臣秀頼(豊臣秀吉の三男)が会見を持った際、家康は、秀頼の成長ぶりに驚き、豊臣氏を滅ぼす決意をしたと言われています。これが後の大阪の陣に繋がったのでしょうか。

そして、1867年大政奉還
江戸幕府15代将軍 徳川慶喜が明治天皇に「政権を朝廷にお返しする」と発表(書面を提出)し天皇がそれを許諾。そんな大政奉還の舞台となったのもまた、ここ二条城だったのです。

観光ポイント:二の丸御殿

二条城

二の丸御殿

大政奉還や二条城会見など歴史的舞台となった二の丸御殿

この二の丸御殿には、車寄・遠侍・式台・大広間・蘇鉄の間・黒書院・白書院などの建物があり、各建物をウグイス張りの廊下で繋いでいます。

このウグイス張りの廊下は、外部から侵入者が入ったときに音が出るように作られ、歩くとまるで鶯が鳴くかのような音がします。凄い細工ですね。ぜひ廊下を歩き、この音の体験をしてみて下さいね。

観光ポイント:ライトアップ

二条城のライトアップ

写真は、平常時のライトアップ。ライトアップイベントではもっと華やかなライトアップが楽しめるでしょう

 

夜の二条城を艶やかに幻想的に浮かび上がらせるライトアップも見逃せません。

「二条城桜まつり」「夏季ライトアップ」「紅葉ライトアップ」など、季節ごとにライトアップイベントが開催されています。

光の演出で定評のあるネイキッド(NAKED Inc.)演出のイベントなどもやっているので、気になる方はぜひイベント情報をチェックの上お出かけください!

アクセス・営業時間・見どころ・所要時間

所在地 京都市中京区二条通堀川西入二条城町541

Google マップで見る

アクセス 地下鉄東西線「二条城前」/ 市営バス9, 50, 101号系統「二条城前」/ 市営バス12号系統「二条城前」/ 京都バス61, 62, 63系統
開城時間・料金 8:45~16:00(閉城 17:00) 大学生以上 600円 / 中学・高校生 350円 / 小学生 200円
見どころ 紅葉雪景色ライトアップ
世界遺産
所要時間 1~1.5時間
問合せ 075-841-0096
二条城 公式ページ

金閣寺

金閣寺

金閣寺の正式名称は鹿苑寺(ろくおんじ)といい、1397年に室町幕府三代将軍の足利義満の別荘として建てられました。

しかし残念ながら、1950年の放火により創建当初の建物は焼失してしまい、現在の金閣寺は1955年に再建されたものです。

金閣寺放火事件を題材にした三島由紀夫の有名な小説として「金閣寺」がありますね。

そのなかで事件のことを「自分の吃音や不幸な生い立ちに対して金閣における美の憧れと反感を抱いて放火した」と分析しています。

観光ポイント:舎利殿・鏡湖池

金閣寺の鳳凰 - 金閣寺創建当初の遺品

金閣寺の鳳凰 – 金閣寺創建当初の唯一の遺品と言われています

 

金閣寺の一番の見どころはやはり煌びやかな舎利電ではないでしょうか?

木造3階建ての2階と3階部分に金箔が貼られていますが、再建時に10センチ角の金箔が10万枚(2キロ)使われたそう。その後の修復でさらに20万枚(20キロ)が使われているというのですから、すごい量の金箔ですね。

さらに庭園も見事です。庭園には鏡湖池(きょうこち)という池があるのですが、お天気の良い日には「逆さ金閣」を眺めることもできます。

金閣寺と鏡湖池に写る逆さ金閣

金閣寺と鏡湖池に写る逆さ金閣

アクセス・営業時間・見どころ・所要時間

所在地 京都府京都市北区金閣寺町1

Google マップで見る

アクセス 市バス「金閣寺道」
参拝時間・参拝料金 9:00~17:00  高校生以上 400円 / 小・中学生 300円 
見どころ 紅葉雪景色ライトアップ
世界遺産
所要時間 40分~1時間
問合せ 075-461-0013
金閣寺 公式ページ

龍安寺

龍安寺

出典:龍安寺 公式ページ

 

龍安寺(りょうあんじ)は、1450年細川勝元が徳大寺家の別荘を譲り受け建てたお寺。

枯山水庭園(史跡・特別名勝)の石庭や、豊臣秀吉も賞賛した言われる侘助椿(わびすけつばき)が有名です。

また、寺の南側には大きな鏡容池があり池泉回遊式庭園となっています。

観光ポイント:枯山水の石庭

たくさんの魅力を持った京都ですが、その中でも別格の美しさと称えられているのが、枯山水の石庭です。

幅25メートル×奥行10メートルほどの小さな庭には美しく白砂が敷き詰められています。

 

そんな白砂の上に、一見無造作に置かれた15個の石ですが、実は、東から5、2、3、2、3個というように並べられています。

そして、この庭園のどこから眺めても、必ずどこかの石が見えないように計算され配置されているのです。

この枯山水の石庭には様々な謎や説があるようですが、中でも個人的に面白いなと思ったのが「不完全を表している」というもの。

15という数字は東洋思想で完全を意味するそうです。その15すべての石が見えない石庭は不完全を表しているという考え。

つまりそこには「不完全を克服するために心眼(心の目)をつかい隠れた石を見抜く」というような教えがあるのだとか。

石の謎には諸説あるにせよ、美しい庭を眺めながら心穏やかに、心の目を開き物事の本質をとらえる、素敵なことです。

アクセス・営業時間・見どころ・所要時間

所在地 京都府京都市右京区龍安寺御陵下町13 龍安寺

Google マップで見る

アクセス 市バス 59番系統「龍安寺前」下車すぐ
市バス 50番、55番系統「立命館大学前」より徒歩7分
京福電鉄「龍安寺駅」より徒歩7分
拝観時間・拝観料 3月~11月 8:00~17:00 / 12月~2月 8:30~16:30  高校生以上 500円 / 小・中学生 300円
見どころ 紅葉
世界遺産
所要時間 40分
問合せ 075-463-2216
龍安寺 公式ページ

嵐山1 – 竹林の小径・天龍寺

嵐山の観光人力車

嵐山の観光人力車

嵐山はたくさんの見どころやグルメがあるため、時間に余裕があれば、1日かけゆっくりと観光するといいかと思いますが、

ここでは、ぜひ訪れておきたいスポットをご紹介します。

観光ポイント:竹林の小径

嵐山の竹林の小路

竹林の小路は、青々とした葉が空をおおってしまうほど沢山の竹の林400メートルに渡り続く道です。

この竹林は嵐山の撮影スポットとして有名で、美しい風景を一目見ようと連日多くの人が訪れます。

嵐山の竹林の小路

またライトアップされた竹林も、とても幻想的な世界です。ぜひ、ライトアップイベントの情報もチェックして、行ってみて下さいね!

観光ポイント:天龍寺

天龍寺

そんな竹林の小径を歩いて行くと、世界遺産の天龍寺が見えてきます。

天龍寺

ここでは、とても美しい庭園を眺めることができます。ぜひ一緒に訪れてみて下さい。

 

天龍寺

アクセス・営業時間・見どころ・所要時間

所在地 京都市右京区嵯峨小倉山田淵山町

Google マップで見る

アクセス 嵯峨野観光線 「トロッコ嵐山駅]より徒歩3分 / 京福電鉄「嵐山駅」より徒歩12分 / JR山陰本線「嵯峨嵐山駅」より徒歩17分
時間 天龍寺:8:30~17:30
見どころ 紅葉雪景色ライトアップ
世界遺産
所要時間 竹林:15~30分、天龍寺:30~60分
問合せ 075-861-0012(嵐山保勝会)
天龍寺 公式ページ

嵐山2 – 嵯峨野トロッコ列車

トロッコ列車

嵯峨から亀岡まで、7.3Kmの道のりを約25分間(往復約1時間)かけて走るトロッコ列車も見逃せないスポット。

トロッコ列車の中

レトロなトロッコ列車の車内

 

四季折々に色付く保津川渓谷の景色を眺めながらレトロなトロッコ列車での空中散歩、なんとも言えない風情があります。

トロッコ保津峡駅 - 鷺沢萠の小説「岸辺の駅」の舞台や映画「蒲田行進曲」のロケ地としても知られる

トロッコ保津峡駅 – 鷺沢萠の小説「岸辺の駅」の舞台や映画「蒲田行進曲」のロケ地としても知られる

アクセス・営業時間・見どころ・所要時間

所在地 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺車道町

Google マップで見る

アクセス トロッコ嵯峨駅、トロッコ亀岡駅
営業時間 9:01~18:10  時刻表
見どころ 紅葉雪景色
所要時間 1時間
問合せ 嵯峨野観光鉄道:トロッコ列車 公式ページ

渡月橋

渡月橋

写真は冬の渡月橋

渡月橋(とげつきょう)は、桂川の北岸と中之島を繋ぐ全長155メートルの橋。

嵐山を背景に、春の桜、秋の紅葉、冬の雪景色と、四季を通して風情ある景色を楽しませてくれます。

アクセス・営業時間・見どころ・所要時間

所在地 京都府京都市右京区

Google マップで見る

アクセス 京福電鉄嵐山線・阪急嵐山線「嵐山駅」より徒歩5分
営業/開園時間
見どころ 紅葉雪景色イルミネーション
所要時間 30分
問合せ 075-411-9990
渡月橋 – 京都府観光連盟

地元ガイドによる京都まち歩き半日コース・一日コース

嵐電 嵐山

嵐電 嵐山

 

地元のガイドさんと巡る京都まち歩きを実施している「オンリートラベル京都」をご紹介します。

もちろん、ここまででご紹介した観光スポットはどこもお勧めですが、以下のような方は、ガイドさんを利用するといいかと思います。

  1. 個人よりガイドさんの解説付きで周りたい
  2. 知られざる名店や穴場スポットへ行きたい
  3. 新しい京都の魅力を発見したい

コースは3つから選べます。

  • お気軽コース(~2時間半)
  • 半日コース(~4時間半)
  • 一日コース(~7時間)

京都観光の細かい相談などにものってくれるので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

今回は、魅力的な京都の中から15カ所をご紹介してきました。

私自身久しぶりの京都でたった一泊二日の旅でしたが、たくさんの感動をもらうことができました。

あわせて読みたい

またすぐにでも京都へ行きたいです!

あなたも美しい京都へ足を運んでみませんか。(^^)

この記事をシェアする



関連記事

  1. 東海館の客室からみた松川

    旅行

    伊東温泉【東海館】 昭和レトロな観光施設見学の様子と入浴・アクセス情報

    こんにちは、茶子です。 先日、伊豆一泊二日の温泉旅行を楽しんできました…

  2. 新幹線
  3. 旅行

    快適 & スタイリッシュ – 進化型カプセルホテルに必要な3つの条件とは?

    こんにちは、茶子です。最近カプセルホテルがすごく進化しててびっくり…

  4. リッチモンドホテル横浜駅前の外観

    旅行

    リッチモンドホテル横浜駅前に宿泊レビュー!ビジネスや観光に便利な快適ホテル

    こんにちは、茶子です。今日は、先日泊まった「リッチモンドホテル横浜…

  5. 旅行

    女子旅ダイジェスト~出発から準備まで(サイパン旅行記Vol.1)

    楽しいよお〜〜!あはははは〜!海めっちゃキレイ〜!あはは〜!友…

  6. 旅行

    ひどい日焼けのお手入れとキリカフェ&テラスでのビュッフェディナー(サイパン旅行記Vol.6)

    こんにちは、茶子です。今回も、サイパン島旅行記の続きです。とそ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Sponsored Link


渋谷ストリーム

英語

よく読まれている記事

  1. 英語学習
  2. スマホで英語学習
  3. チョコレートタワー
  4. おばあちゃんがかっこよくカメラを構えた図

アーカイブ/Archives

最近の記事

  1. 消費増税 コンビニイートイン消滅
  2. 道玄坂一丁目駅前地区
  3. english conversation
  4. ダイソン/Dyson の新型ドライヤーAirwrap(HS01)のアタッチメント
  5. 山本山 ふじヱ茶房
PAGE TOP