レンズキットに付属するボディとレンズ

カメラ

 

EOS Kiss Mレンズキットの選び方!ダブルズームやダブルレンズなどあなたに必要なレンズキットが分かります




こんにちは、茶子です。

今日は、最近購入したキャノンのミラーレス「EOS Kiss M」のレンズキットについてお話ししようと思います。

私自身も購入するとき、どのレンズキットにすべきか悩んだので、その際に調べた情報や、実際に購入してみての感想などをご紹介します。

  • レンズキットって何?
  • EOS Kiss Mのレンズキットの選び方?

EOS Kiss Mが欲しいけど、どのレンズキットが良いか分からないという人は参考にしてみて下さい。




レンズキットって何?

一眼レフカメラの魅力は、様々な用途別に自由にレンズを交換できることですね。

ミラーレス一眼レフのEOS Kiss Mも、カメラ本体だけでは撮影が出来ません。かならず、カメラ本体とレンズの購入が必要です。

レンズキットとは、カメラ本体とよく使われるレンズをセットとして販売されている商品で、EOS Kiss Mのレンズキットは全部で4種類あります。

1.レンズキット(標準) ボディ+標準ズームレンズEOS Kiss M・EF-M15-45 IS STM レンズキット
2.レンズキット(高倍率) ボディ+高倍率ズームレンズEOS Kiss M・EF-M18-150 IS STM レンズキット
3.ダブルズームキット ボディ+標準ズームレンズ+望遠ズームレンズEOS Kiss M・ダブルズームキット
4.ダブルレンズキット ボディ+標準ズームレンズ+単焦点レンズEOS Kiss M・ダブルレンズキット
なぞの生物
ふむふむ

 

レンズキットのメリット

ズバリ! レンズキットのメリットは、カメラ本体とレンズを個別に買うよりも安いということです!

実際にAmazonで、カメラ本体とレンズを購入する場合の値段の違いを見てみましょう。

注意

この記事でご紹介している商品価格は、2018/8/8時点のAmazonでの価格です。

カメラと標準ズームレンズを買う場合

EOS Kiss M・EF-M15-45 IS STM レンズキット

ボディとレンズを別々に買った場合、この例だと87,003円になります。

ボディとレンズを別に買う カメラ本体(62,830円)標準ズームレンズ(24,173円)87,003円
EOS Kiss M ボディと標準レンズ

ボディと標準レンズを別々に購入

 

ボディとレンズ(標準ズーム)がセットになったレンズキットでは、例では77,800円となっています。

全てセットのレンズキットを買う 標準ズームレンズキット(カメラ本体+標準ズームレンズ) 77,800円
EOS Kiss M ボディと標準レンズ

ボディと標準レンズがセットになったレンズキットを購入

 

このことから、標準ズームレンズを買う場合には、レンズキットの方が1万円近く安くなっていることが分かります。

なぞの生物
なんと!
カメラと標準ズームレンズと望遠ズームレンズを買う場合

EOS Kiss M・ダブルズームキット同様に、標準ズームだけでなく、望遠ズームも欲しくなった場合を見てみます。

まずは、カメラとレンズをすべてバラバラに買った場合の例です。この時点の金額では、合計すると115,594円になります。

ボディとレンズを別に買う カメラ本体(62,830円)標準ズームレンズ(24,173円)望遠ズームレンズ(28,594円)115,594円
EOS Kiss M ボディと標準レンズと望遠ズーム

ボディ、標準レンズ、望遠ズームを別々に購入

 

次に、初めは標準ズームレンズのセットになったレンズキットを買ったものの、後から望遠ズームレンズも欲しくなって買い足した例です。標準ズームのレンズキットと望遠レンズを合わせて、106,394円となっています。

ズームキットに望遠レンズを追加 レンズキット(カメラ本体+標準ズームレンズ)(77,800円)望遠ズームレンズ(28,594円)106,394円
EOS Kiss M ボディと標準レンズと望遠ズーム

EOS Kiss M 標準レンズのレンズキットに望遠ズームを追加購入

 

さいごに、カメラ + 標準ズーム + 望遠ズームの全てがセットになったダブルズームを購入した例。こちらは、95,780円となりました。

望遠ズームもセットのレンズキットを買う ダブルズームキット(カメラ本体+標準ズーム+望遠ズーム)95,780円
EOS Kiss M ボディと標準レンズと望遠ズーム

ダブルズームキット(ボディ+標準ズーム+望遠ズーム)

 

上記の「ボディ+標準ズーム+望遠ズーム」購入の例では、最大2万円近くレンズキットで購入した方が安いと言うことになります。

なぞの生物
2万円もちがう!?なんじゃとーー!

つまり価格面で考えたとき、レンズキットはとてもお得なのですね。

ですから、どんな被写体をどんなイメージで撮りたいかが特にハッキリ決まっているわけでなければ、レンズキットがオススメということになります。

レンズキットがお得なケース

  • 初めて一眼レフカメラを購入した
  • レンズをまだ所有していない
  • どのレンズが良いのかよく分からない

レンズキットのデメリット

レンズキットは万能に見える一方、レンズキットが向いていない人もいます。

レンズキットのデメリットとして、以下のことがあります。

  • 初めからセット内容がきまっており、自由に組み合わせられない
  • かならず「標準ズームレンズ」か「高倍率ズームレンズ」といった標準域のズームレンズが付いてくる

 

例えば、「他にもカメラを持っていて日常のスナップや望遠写真は、その別のカメラで撮っている。EOS Kiss Mに期待するのは、単焦点レンズを使った美しいボケと画質だけと、用途が決まっている」

こんな人は、ズームキットでは、いらないレンズが付いてきてしまうため無駄になってしまいます。

レンズキット購入前に考えた方が良いケース

  • 一眼レフカメラについてある程度詳しい
  • すでにレンズを所有している

ボディとレンズを単体での組み合わせで考えたい人は、以下の記事でEOS Kiss Mで使える各レンズの詳細を解説しています。

どのレンズキットを買えば良いの?

では、実際どのレンズキットを買えば良いか、ここからEOS Kiss Mの4つのレンズキットの特徴をみていきましょう!

1.レンズキット(ボディ+標準ズーム)

レンズキット(ボディ+標準ズーム)

レンズキット(ボディ+標準ズーム)

 

まずは、基本の標準ズームレンズがセットになった一番シンプルなレンズキットです。

オススメな人

初めてミラーレスを買う人で、まずは試してみたい。普段の生活を撮影するだけ。という人にこのレンズキットはおすすめです。

オススメでない人

逆に以下のような目的を持った人には、それぞれ別のレンズキットをオススメします。

  • 望遠レンズで、遠くのものを撮ったりボケ感を楽しみたい
  • 単焦点レンズで、美しいボケ感とキレイな画質を楽しみたい

 

ポイント

  • 日常スナップだけなら十分活躍、ムダなレンズもなくシンプルで安い
  • 遠くの景色を撮ったり美しいボケを演出したい場合、標準ズームレンズだけでは物足りなくなるかも?

 

2.レンズキット(ボディ+高倍率ズーム)

レンズキット(ボディ + 高倍率ズーム)

レンズキット(ボディ + 高倍率ズーム)

 

レンズ1本で、広角(18mm)から望遠(150mm)域まで幅広い範囲を高画質で撮影することが可能なのが、このレンズキットです。

オススメな人
  • 旅行などレンズ1本で、遠くの景色から目の前の料理の写真まで、様々なシーンを撮りたい
  • 日常スナップでも、レンズ交換なしに幅広い場面を撮影したい

 

オススメでない人
  • 毎日持つカメラで、望遠はあまり使わない
  • できるだけカメラのサイズを小さくしたい

※ 汎用的なカメラですが、望遠を普段あまり使わない人にとっては、ただの大きいカメラになってしまいます

 

ポイント

  • レンズ1本で汎用的に、幅広いシーンが撮影可能
  • 付けっぱなしレンズにするにはサイズが(他レンズと比べ)大きめで重い

 

3.ダブルズームキット(ボディ+標準ズーム+望遠ズーム)

ダブルズームキット(ボディ + 標準ズーム + 望遠ズーム)

ダブルズームキット(ボディ + 標準ズーム + 望遠ズーム)

 

標準ズームレンズキットに望遠ズームレンズも追加したセットです。レンズが2本ついてきます。

以下のように使い分けることができます

  • 標準ズーム:日常のスナップ
  • 望遠ズーム:遠い景色、運動会での子供のアップ写真、背景ボケを演出した写真

 

ポイント

  • 広角側(15mm)から望遠(200mm)域まで、用途によって標準と望遠レンズを使い分けられる
  • レンズ交換の必要があり、高倍率ズームレンズのように1本で広角(18mm)から望遠(150mm)域までカバーしているレンズと比べ、レンズ交換が面倒

 

4.ダブルレンズキット(ボディ+標準ズーム+単焦点)

ダブルレンズキット(ボディ + 標準ズーム + 単焦点)

ダブルレンズキット(ボディ + 標準ズーム + 単焦点)

 

標準ズームレンズキットに単焦点レンズも追加したセットです。レンズが2本ついてきます。

以下のように使い分けることができます

  • 標準ズーム:スナップ写真
  • 単焦点レンズ:美しいボケを演出し被写体を際立たせた描写や、薄暗い場所での撮影

 

ポイント

  • 開放F値が2の明るい単焦点レンズでプロっぽい写真が撮れる
  • 遠くのものを撮す(景色や運動会でのズームアップ写真)望遠レンズがないため、必要なら別途買い足さないといけない

 

筆者の購入したダブルズームの使い心地は?

ちなみに、筆者は今回3つ目のダブルズームキットを購入しました。

もともと、航空祭などのイベントや風景の望遠ズーム写真を撮りたいと思っていたため、ダブルズームキットに付いてくる望遠ズームは必須でした。

 

そのため、このダブルズームキットには今のところとても満足しています。

望遠ズームは、イベントや風景以外にも、大きなボケ感を演出したい時にも重宝するので、日常スナップでも使えます。

キャノン EOS Kiss Mで撮った近所の野花

EOS Kiss Mで近所の野花をパシャリ。こんな風に、日常スナップ写真を手軽に撮れます

 

あとは、今後これに単焦点レンズや広角レンズを追加していきたいなと考えているところです。

 

EOS Kiss Mで利用できるレンズの詳細については以下のページで解説しています。

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。今回は、EOS Kiss Mのレンズキットについて見てきました。

カメラとレンズを選ぶことは、いろいろ悩みますが楽しい作業でもありますね。

ぜひ、あなたの生活が楽しくなるレンズキットを選んでください。

筆者のおすすめ

この記事をシェアする



関連記事

  1. 雪吊り松と吹上茶屋のライトアップ

    お出かけ

    六義園~水面に映る幻想的な絶景に息をのむ(カメラ散歩 FUJIFILM X-T20)

    こんにちは、茶子です。先日 写真と散歩を兼ね、富士フィルムのミラー…

  2. カメラ

    より高画質なカメラの選び方 – イメージセンサーの大きさと開放F値をみてみよう

    こんにちは、茶子です。今日はカメラのお話しをします。下記の「カ…

  3. 横浜マリンタワー(下から仰ぎ見た写真)

    お出かけ

    [横浜]マリンタワーから絶景を眺める〜 みなとみらい、ベイブリッジから富士山まで360度広がる大パノ…

    こんにちは、茶子です。今日は横浜マリンタワーへ行った様子と施設の紹…

  4. EOS M100で花を撮影

    カメラ

    写真表現の幅を広げるカメラの性能 – 絞り、シャッタースピード、焦点距離を見てみよう 

    こんにちは、茶子です。今日は、カメラのスペックの中でも表現の幅に関…

  5. 雰囲気ある写真を撮ろう

    カメラ

    露出補正・ホワイトバランス・ISO感度を調整して、自分好みの写真を作ろう

    こんにちは、茶子です。今日は、カメラのスペックの中でも写真の明るさ…

  6. 富士フィルムX-T20

    カメラ

    富士フイルム X-T20 ~豊かな発色とレトロ&スタイリッシュなデザインが魅力のカメラ

    こんにちは、茶子です。先日、以前より気になっていたカメラ「富士フイ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Sponsored Link


渋谷ストリーム

英語

よく読まれている記事

  1. 英語学習
  2. スマホで英語学習
  3. チョコレートタワー
  4. おばあちゃんがかっこよくカメラを構えた図

アーカイブ/Archives

最近の記事

  1. RRR 大手町プレイスの外観
  2. 特撰もちぶたロースカツ定食
  3. 研究
  4. 二重橋スクエア レストラン アイキャッチ
  5. 「然-プラス生ビタミンシリカ導入シャワー」を開けている写真
PAGE TOP