おうち時間

ウォーターサーバー契約&コスパ比較!レンタルと購入はどちらがおすすめ?

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーを使ってみたいけど、たくさんの種類があり迷ってしまいますよね?

契約方法もスマホのように複雑で、どれがお得なのか分かりにくい・・

ウォーターサーバーをお得に契約したいけど、サーバーは購入したほうがいいの?

本記事では、そんなウォーターサーバー契約の疑問についてお答えします。

具体的には、ウォーターサーバーのおすすめ契約方法を、筆者も使っているフレシャスのSlat+cafe(スラット+カフェ)のコストシミュレーションを例に、わかりやすく解説していきます。

これからウォーターサーバーの契約を考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事を書いた人

こんにちは、茶子です。そして、謎の生物です。今回もこの2人でお届けします。

auther茶子
茶子

健康&美容オタクで水にこだわりがある。現在は、天然水と機能性に定評のあるフレシャスを愛用中。

auther謎の生物
謎の生物

ウォーターサーバーの元祖アメリカや日本で長年ウォーターサーバーに親しんできた。
コスパには敏感で、常に最安値情報を探すのが趣味。

この記事で分かること
  1. ウォーターサーバーの賢い買い方
  2. 購入、レンタルのメリットとデメリット
  3. フレシャス スラット・カフェを例にした、コスパ比較シミュレーション結果

ウォーターサーバーはレンタルが一般的

実は現在、ウォーターサーバーは、サーバー本体をレンタルする契約が一般的となっています。

frecious slat+cafe

本サイトが調べた範囲では、ウォーターサーバー本体の販売(最初からサーバー自体を購入できる)しているのは、フレシャスのみでした。

それでは、購入するメリットはあるのか、ないのか?さっそく、レンタルと購入について比較してみていきましょう。

ウォーターサーバー「レンタル」について

まずは、ウォーターサーバーを「レンタル」した場合の、メリット&デメリットをご紹介します。

「レンタル」のメリット

定期的にウォーターサーバーを換えることができる

ウォーターサーバー本体のレンタル契約期間には、スマホと同じように契約期間の縛りがあります。通常、解約金が発生する契約期間の縛りは2年から3年です。

ウォーターサーバー違約金ウォーターサーバー契約違約金のイメージ(フレシャスの例)

上の図に示したのは、フレシャスの例です。1年未満で解約する場合は1万6,500円1年~2年未満で解約する場合は9,900円を解約手数料(違約金)として支払わなければなりません。

とはいえ、契約満了のタイミングや、フレシャスのような「乗り換えサポート」キャンペーンの利用で解約金キャッシュバックを受ければ、魅力的な新製品に気軽に交換できるのもまた、レンタル契約することの魅力の一つなのです。

なぞの生物
購入よりもレンタルのほうが、気軽に、新機能を搭載した魅力的な商品に乗り換えられるのう。

フィルタ交換などの面倒なメンテナンスが不要

レンタルの場合は、比較的短期間で交換することから、ウォーターサーバー内部のフィルタ交換などは不要です。(フレシャスの例)

自分でメンテナンスの心配をする必要がないのは、気楽で良いですよね。

故障時には交換してもらえる

会社によって若干ことなりますが、フレシャスの場合、万が一レンタル中のウォーターサーバーが故障した時でも、無料で交換してくれます。

つまり、レンタルの場合、品質を保証するためのコストをウォーターサーバー会社が負担してくれるのです。

「レンタル」のデメリット

レンタル費用がかかる

ウォーターサーバーをレンタルした場合のデメリットは、レンタル料金がかかるケースがあること。

ただし、多くのウォーターサーバー会社が、レンタル料金無料のウォーターサーバーを提供しています。

レンタルの場合は、新品のウォーターサーバーが来るとは限らない

整備されたウォーターサーバー

ウォーターサーバーのレンタル時には、新品のウォーターサーバーが送られてくる保証はありません。

もちろん、送られてくるサーバーは、メーカーでしっかりメンテナンスされているはず。とはいえ、「他の人が使ったサーバーをつかうのはちょっと・・」と考える人も多いのではないでしょうか。

なぞの生物
レンタルでも新品のウォーターサーバーを使いたい場合は、フレシャス スラット&カフェのような比較的新しくでた製品を選ぶと良いぞ

ウォーターサーバー「購入」について

次に、フレシャス Slat+cafe(スラット+カフェ)を例に、ウォーターサーバーを購入する場合の、メリットとデメリットをみてみましょう。

「購入」のメリット

天然水を17%割引で購入することができる

フレシャス Slat+cafe(スラット+カフェ)の場合は、ウォーターサーバーを「購入」することで、毎月送られてくる天然水を17%割引価格で購入することができます。

天然水の料金
通常価格 FRECIOUS富士1本(9.3リットル)
 1,506円(税抜)
特別価格(17%引き) FRECIOUS富士1本(9.3リットル)
 1,250円(税抜)

(特別価格は、Slat+cafe(スラット+カフェ)本体を購入した場合のみ適用)

確実に新品のウォーターサーバーが手に入る

新品のウォーターサーバー

ウォーターサーバーを購入する場合、送られてくるウォーターサーバーはもちろん新品。

そういった意味から、「必ず新品を使いたい!」という人にとっては、ウォーターサーバー購入の検討余地は十分あります。

「購入」のデメリット

購入コストが高い

ウォーターサーバーの価格はなかなか高価です。最新のフレシャス Slat+cafe(スラット+カフェ)の場合だと、定価で6万円もします。

なぞの生物
分割払いもできるが、6万円は高いのぅ・・

気軽にウォーターサーバーを換えることができない

購入する場合は、気軽にウォーターサーバーを切り替えることができません。

別のウォーターサーバーに切り替える場合、古いサーバーの処分費用も必要となってきますよね。

故障時の修理費用がかかる

万が一ウォーターサーバーが故障したとき、保証が切れていた場合は、修理料金が発生します。

ちなみにフレシャスの場合、ウォーターサーバーの保証期間は3年となっています。

フレシャススラット+カフェを例にコスパ シミュレーション

さて、ここまでで、ウォーターサーバーの購入とレンタルのメリット&デメリットを見てきました。

ここで、コスパの観点から見てみましょう。

ウォーターサーバーをお得に契約したいけど、サーバーは購入したほうがいいの?

レンタルと購入、いったいどちらがお得になるのでしょうか?

レンタルと購入

レンタルと購入、どちらがお得なのでしょうか?

天然水の購入量と、使用期間によって異なります。以下で、水の利用量別コスパ比較を行いますので、参考にしてください。

おなじく、フレシャスのSlat+cafe(スラット+カフェ)のコストシミュレーションを例として、水の利用頻度別のコスパを比較してみましょう。(サーバー買取は、一括買取として計算しています)

ポイント

フレシャスのSlat+cafe(スラット+カフェ)の天然水は、1箱に9.3Lの水パックが2本入っており、注文は箱単位(9.3L×2本=18.6L)で行います。

一ヶ月に天然水を3箱購入時のトータルコスト

一ヶ月に水を3箱(9.3L 水パック×6本)購入すると、ウォーターサーバーのレンタル料金が無料になります。

その条件で、サーバーレンタルと買取のコストを比較してみます。

レンタルと買取のトータルコスト比較(3箱/月)
ポイント

35ヶ月以上使うと、レンタルより、購入の方がお得になります。

天然水を3箱注文時のコスト比較

契約種別 サーバーをレンタル サーバー買取
総支払い金額
一ヶ月に水を3箱(6本)注文
13ヶ月で解約
126,468円(税抜)

25ヶ月で解約
225,900円(税抜)

36ヶ月で解約
325,296円(税抜)
13ヶ月で解約
151,500円(税抜)

25ヶ月で解約
241,500円(税抜)

36ヶ月で解約
324,000円(税抜)
おすすめ度

上記の計算から、一ヶ月に天然水を3箱(9.3L 水パックx6本)購入する場合、3年以上つかわないとサーバーを購入しても元が取れないため、レンタルの方がおすすめとなります。

一ヶ月に天然水を6箱購入時のトータルコスト

今度は、一ヶ月に天然水を6箱(9.3L 水パック×12本)購入する場合で比べてみましょう。

レンタルと買取のトータルコスト比較(6箱/月)
ポイント

15ヶ月以上使うと、レンタルより、購入の方がお得になります。

天然水を6箱注文時のコスト比較

契約種別 サーバーをレンタル サーバーを購入
総支払い金額
一ヶ月に天然水を3箱(6本)注文
13ヶ月で解約
243,936円(税抜)

25ヶ月で解約
451,800円(税抜)

36ヶ月で解約
650,592円(税抜)
13ヶ月で解約
249,000円(税抜)

25ヶ月で解約
429,000円(税抜)

36ヶ月で解約
594,000円(税抜)
おすすめ度

一ヶ月に天然水を6箱(9.3L 水パック×12本)購入するならば、ウォーターサーバーを購入しても、1年少々で元が取れるので、購入したほうがお得です。

結論:一ヶ月に天然水を6箱(9.3L 水パック×12本)以上つかうなら、サーバーの購入がお得

一ヶ月に天然水を6箱以上つかう場合は、ウォーターサーバーを購入したほうが2年間で4万4千円以上お得になります。

ある程度使ってから、別のウォーターサーバーに乗り換えても、十分元がとれるでしょう。

 

逆に、一ヶ月に天然水を6箱(9.3L 水パック×12本)も購入しないならば、レンタルがおすすめです。

frecious slat+cafe

一ヶ月の天然水の使用量はどれくらい?

一ヶ月に6箱(9.3L 水パック×12本=111.6L)の天然水を購入する場合は、ウォーターサーバーを購入したほうが安いことがわかりました。

一ヶ月の天然水の消費量は?

一ヶ月に6箱もの天然水を消費できるのでしょうか?

はい。多いように思いますが、 4人家族ならば一ヶ月に6箱は簡単に消費できてしまいます。フレシャスの場合は、お水の美味しさからか、これまで飲んでいたジュースやビールの代わりに、送られてくる天然水を飲むことも多くなります。

天然水の利用量の目安

一ヶ月で購入する天然水 3箱(9.3Lx6本)天然水6パック(66.8L) 6箱(9.3Lx12本)天然水12パック(111.6L)
利用人数の目安 大人2名 大人2名+子供2名
利用状況 ペットボトルの水も併用し、飲用だけでも余裕で飲んでしまいます(筆者の体験) お水が美味しく沢山飲んでしまい、気をつけないと、足りなくなることも?
一日あたりの使用量 一日一人一リットル以下

ちなみに筆者の場合、最初は「一月に3箱も使えない!」と思っていたのですが、意外とあっという間に飲んでしまうことに驚きました。

また、コロナ騒動のため自宅でテレワークをするようになったこともあり、フレシャスの天然水でいれるコーヒーやお茶、炭酸水がとても美味しいのです。

気がつくと一日5〜6杯も飲んでしまい、気をつけないと水が足りなくなる始末です。まあその分、ジュースやビールの消費が減ったので良いのですが・・

ポイント

大人二人に対して、一ヶ月3箱(55.8L)の天然水は多すぎると感じましたが、実際にはやや足りない状況です。一日あたりの使用量は、一人1リットル以下しか使えない計算になるのです。

レンタルと購入比較のまとめ

フレシャスでは、ウォーターサーバーの契約時に、「レンタル」と「購入」の2パターンから選べます。

今回の結論としては、ほとんどのケースでレンタルの方がお得という結果となりました。

とはいえ、一ヶ月に6箱(111.6L)以上天然水を購入する場合には、ウォーターサーバー本体を購入したほうがお得になります。

なぞの生物
4人家族以上ならば、ウォーターサーバーの購入を検討するのもありじゃ

「レンタル」と「購入」の比較

契約種別 サーバーをレンタル サーバーを購入
メリット
  • 気軽に機種交換ができる
  • メンテナンス費用が無料
  • 故障時に無償で交換
  • 天然水を割引購入できる
  • 確実に新品のウォーターサーバーがつかえる
デメリット
  • レンタル費用がかかる(機種による)
  • 中古がレンタルされる場合がある
  • 購入コストが高い
  • 気軽に機種交換ができない
  • 故障時に修理料金がかかる
おすすめ条件 右記以外はレンタルを推奨 一ヶ月に6箱(111.6L)以上の天然水を購入して15ヶ月以上使う場合

さいごに

今回は、ウォーターサーバーの契約方法として、ウォーターサーバーの「レンタル」と「購入」についてご紹介しました。

皆さんの毎月の天然水の利用量やウォーターサーバー本体の利用期間を考えて、よりお得となる方法で契約してくださいね。

ではまた!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です