ブログ/Blog

旅行の計画と準備 (海外編)

海外旅行を満喫するための鍵となるのが「計画と準備」です。

ここでは、旅行を思い立ってから実際に旅立つまでの、計画と準備に役立つ情報を順を追って解説していきます。
旅の計画と準備をしっかりして、最高の旅行を楽しんできてください!♪ ♪ ♪

 

何はともあれ パスポートとビザ(査証)の確認

海外旅行を思い立ったら、何はともあれ、パスポートの確認です。

旅行を予約するタイミングでパスポート番号が必要になることもあります。また、取得する場合は時間もかかるため、旅を計画する段階から しっかりと確認しておきましょう。 渡航先の入国にビザ(査証)が必要かどうかのチェックもお忘れなく。

有効なパスポートをもっていますか?

[持っている] パスポート残存有効期間の確認

必ず、パスポートの残存有効期間を確認し、”有効期間が不足しているため渡航が出来ない”などということがないようにしておきましょう。

パスポートの残存有効期間は、渡航先によって異なります。

こちらから、エリアごとのパスポート残存有効期間を確認することができます。

 

[持ってない] パスポートの申請

パスポートを持っていない場合は取得しておく必要があります。
パスポートの受領には、申請してから通常1~2週間程度かかります。余裕を持って申請しましょう。

旅行を予約する際にパスポート番号を聞かれる場合があります。これからパスポートを申請する場合は、旅行の予約の際に「パスポート取得前(申請中)でも予約可能かどうか」、旅行会社に確認しましょう。

例)HISのQ&A「パスポート取得前(申請中)でも予約できますか? 」

 

申請手続き:
下記の必要書類を持参し、住民登録のある都道府県のパスポート申請窓口で行います。

申請時の主な必要書類
一般旅券発給申請書(パスポート申請窓口で入手)、戸籍謄本×1(6カ月以内に作成のもの)、写真×1(縦45ミリ・横35ミリ)、本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証など)

受け取り:
申請の時に渡された受理票を持参し、”本人”が交付窓口で受取ります。

 

※詳しくは外務省が提供しているパスポート申請関連の情報を確認し、申請を進めてください。

 

 

渡航先の入国にビザ(査証)は必要?

渡航先の入国にビザ(査証)が必要かどうかを確認し、必要な場合は日本国内にある各国の大使館に申請し取得しておきましょう。

こちらから、エリアごとのビザ(査証)の要否を確認することができます。また、渡航先の大使館のホームページでも確認することができます。

 

 

私たちの命を守る「渡航先安全情報」の確認は必須

安全が確保されてこその旅です。外務省の発表する渡航先安全情報を確認しておきましょう。

以下の2つの利用が便利です。

外務省「たびレジ」の利用

渡航先の最新の海外安全情報を得るには、外務省の「たびレジ」というメール通知システムが便利です。

下記ページからメールアドレスを登録すると、外務省より渡航安全情報が通知されます。

たびレジ登録ページ

 

外務省「海外安全アプリ」の利用

外務省の提供している渡航先の安全情報を確認できるアプリがあります。

お使いのスマートフォン(iphone または android)にインストールすることで利用できます。

iTunes     で海外安全アプリ を見る

Google Playで海外安全アプリを見る

 

 

気候チェックも旅先を決める重要なポイント

せっかく時間をつくって旅行に行くのですから、現地での観光や遊びを100%満喫したいもの。

しかし 行く時期によっては、例えば「きれいな海でリゾートを満喫する」という期待に反し「滞在中雨ばかりで海も濁り楽しめなかった」というようなことも起こりえます。

旅の目的に合わせベストシーズンを確認し、旅先や時期を決めるとよいでしょう。

 

 

旅のクオリティを左右する「飛行機」「滞在先」「現地アクティビティ」♪ ♪ ♪

行き先を決めたら、パックツアーもしくは飛行機と滞在先を個別に予約しましょう。

また、現地で楽しむためのオプショナルツアーレストランレンタカーといった予約も、あらかじめ日本で済ませておくと良いでしょう。せっかくの旅行です。出来るだけ、現地での貴重な時間は遊びと観光に100パーセント使いたいものですね。

 

飛行機や滞在先などの旅の基本を予約

 

旅行の予約をする際、パックツアー(航空券やホテルなどがセットになったもの)を申し込むか、個人旅行(飛行機やホテルを個別に手配)をするか、と迷う方も多いのではないでしょうか。

 

下記に、それぞれの旅行の申込みの特徴とおすすめポイントをまとめました。どの申込み方法がベストかは、行き先・目的・費用などによってケースバイケースですが、自分が一番心地よいと思える旅行の形を選ぶと良いと思います。

パッケージ型
パックツアー
旅行代理店が、往復航空券とホテルの手配から観光案内まで全てやってくれる(食事付きの場合が多い)
  • 広い国や数カ国同時に周る場合でも、見どころを効率よく周ることができる
    (ヨーロッパやアフリカなどの広いエリアや行ったことがない国を旅するのにおすすめ)
  • 旅行代理店がまとめて手配するため、場所によっては個別で手配するより割安になることも
  • 自由度が少なくても苦にならない人向け
  • 個別で手配する余裕がない場合は、パッケージ型パックツアーを選ぶと良い
フリープラン型
パックツアー
往復航空券とホテルだけがついているフリープラン(空港とホテル間の送迎や朝食については、パックプランによって異なる)
  • 現地で困ったとき、旅行代理店のスタッフに連絡し相談にのってもらえる
  • 空港に到着すると、送迎の担当の人が出迎えてくれ、ホテルまで送ってくれる。 同様に、帰国日には、送迎担当の人が迎えに来て、空港まで送ってくれる
  • 現地での行動は自由なため、オプションツアーを使い、自由に観光や遊びを楽しめる
  • 格安パックツアーの利用では、個別手配するより安い場合も
個別手配 飛行機・ホテル・空港とホテル間の送迎など、全部自分で手配する個人旅行
  • とにかく全て(飛行機の便からホテルのグレードまで)自分の自由に旅行を設計できるのが魅力
  • 格安航空券を利用し旅行費用が安くおさえられる
  • パックツアーであれば通常は旅行代理店がやってくれるサポート(空港とホテル間の送迎・ホテルのチェックイン・トラブル時の対応) を自分でするのも苦にならない人にはおすすめ

 

WEB上には様々な予約サイトがあります。インターネットでの予約は、簡単に行えるうえ、Web限定料金は通常よりお得になっていることが多いです。下記では、特に今 おすすめの予約サイトを幾つかご紹介します。

 

豊富なツアーとマイルでお得なJAL ♪

 

圧倒的サポートで安心のHIS(エイチ・アイ・エス) ♪

 

ヨーロッパ旅行なら、安心のJAL国際線利用 ♪

 

JTBではいま夏休み特集をやっています ♪

 

格安航空券なら、なんといってもこの2つがおすすめ ♪
Expedia(エクスペディア)

Surprice(サプライス)

 

海外のホテルを格安で予約するならagoda(アゴダ)できまり ♪

 

Hotels.com(ホテルズドットコム) が夏セール開催中、今なら海外ホテルがお徳に ♪

 

 

オプショナルツアーの予約

海外ではオプショナルツアーに参加するのが、効率よく観光や遊びが出来るため便利ですね。サポート体制がしっかりしているところを選ぶと良いと思います。

 

JTBがオススメする内容充実の商品が盛りだくさんのMYBUS(マイバス) ♪

 

豊富なアクティビティと安さが自慢のVELTRA (ベルトラ) ♪

 

 

レストランの予約

海外のレストランを 日本語で24時間いつでもインターネットで簡単に予約できるサービスをご存知でしょうか。
便利で安心な「グルヤク」というサービスをご紹介します。
このサービスを利用することで、もう現地で「予約をしようにも言葉の問題で大慌て」や「レストラン前でさんざん待たされ疲れた」などといったストレスで悩むことはなくなります。
会員登録をすることで、365日対応のサポートセンターが予約をバックアップしてくれるので、安心して楽しむことができます。
下記のサイトから、実際に利用したユーザによる口コミや評価を確認してみて下さい。レストラン選びの参考になると思いますよ。

ストレスフリーで、最高のお食事を楽しんできてくださいね ♡

 

レンタカーの予約

ハワイやアメリカへ行ったときにはドライブをしたくなりますよね。車があると何といっても便利に過ごすことが出来ます。
ここでは、世界のレンタカーブランドを日本語で一括検索と比較のできる、とっても便利な「レンティングカーズ」をご紹介します。

 

 

快適な旅に欠かせない クレジットカード、持っていますか?

私は「現金主義よ」という方以外、ほとんどの方はクレジットカードをもっていらっしゃるのではないかと思います。今回海外旅行を計画するにあたって、ご自身の持っているクレジットカードのサービス内容が海外旅行に適したものか、今一度確認しておきましょう。

 

海外旅行へクレジットカードを持っていくメリットを知って、旅をもっと快適に!

海外へ行く際は、以下のような様々なメリットが得られることから、クレジットカードを持っていかれることをおすすめします

  1. 多額の現金を持ち歩いたり支払いをする際の盗難やスリなどの被害にあうリスクを減らすことが出来ます
  2. ”日本円⇒現地通貨”、”現地通貨⇒日本円”への両替する手数料や手間が省けます(カードでも手数料はかかりますが、両替所で行うより安くなる場合が多いです)
  3. 海外旅行傷害保険が付帯しているカードであれば、別途 海外旅行保険に入るための保険料や手間が省けます
  4. 万が一盗難や紛失の被害にあっても再発行が可能です
  5. 海外では、ホテルへのチェックインやレンタカーを借りる際の、身分証明になるケースが多いです
  6. 各クレジットカード会社は、海外でのサポートデスクやアシスタンスサービスを設けています。サポートデスクでは、”旅先での観光案内”・”各種手配”・”万が一のときの安心サポート”などの特権を受けることができます
  7. カードによっては、”空港でのラウンジサービス” や ”荷物の手配” を無料で利用できます
  8. カード利用によりポイントがたまります

 

クレジットカードを持っていない場合や、ご自身の所有するカードが上記の内容を満たしていない場合には、この機会に海外旅行に適したカードを作っておくとよいでしょう。

カード会社によっては、申込みから取得までに時間がかかる場合があります。余裕をもって申込みをしましょう。

海外旅行に最適なクレジットカード一覧

 

なぜ複数のクレジットカードが必要なの?

クレジットカードは、以下の理由から、最低2枚(2種類)は持っておくのがおすすめです。

  • お店によって利用できるブランド(VISA・マスターカード・アメックス・JCBなど)が限定されている場合があります。そんな時でも、複数のブランドのカードを持つことで決済が可能になり安心できます
  • カードの紛失や使用時の読み取りエラーなどで1枚のカードが使えなくなった場合でも、別のカードを利用し安心して旅を続けることができます

高還元率のクレジットカード 比較

 

各社クレジットカードを比較し、自分に合ったカードを選ぼう ♪

こちらに各社のクレジットカード情報をまとめました。

カード申込みの際には、上記記載のメリットが利用できるかどうか確認のうえ申込みをしましょう。

 

 

 

 

今ならキャッシュバックのキャンペーンもありお得に申込みができます。

 

 

海外旅行保険が私たちの”万が一”を守る

渡航先での以下のような場合へ備え海外旅行保険に入ることをおすすめします。

  1. 病気やケガの治療費
  2. 他者へのケガや物品を破損した場合の賠償責任
  3. 携行品の破損・盗難などの補償
  4. 飛行機の遅延・欠航により発生した宿泊費や食事代などの補償
  5. 飛行機に預けた荷物が行方不明になった場合の補償

など

各保険の補償内容を確認し、自分がどの補償を重視したいのか考えた上で、保険を選びましょう。

上記でご紹介したクレジットカードには海外保険を付帯するものもあり、新規で海外旅行保険を申し込まずともクレジットカードの保険だけでまかなえる場合が多いです。お持ちのクレジットカードの保険がどこまで補償しているかを確認し、必要であれば別途保険を選ぶと良いでしょう。

 

 

日本と同じように携帯電話を使いたい! Wifiルーターのレンタルは必要?

海外で携帯電話やスマホを使う場合、そのままでは利用料金が高額になってしまうことがあるので注意しましょう。

「楽しい旅行で良かったなあ」などと思っていたら、その後日本に帰国し、「現地で利用した携帯の高額な通信料の請求に驚愕した」といった話しはよくあることです。後になって後悔しないためにも、ぜひ対策をうっておきましょう。

以下に、”高額利用料の発生を防ぐための対策” をいくつか載せておきます。

 

[基本] 携帯・タブレットの設定から「データーローミング」を”オフ”にするで、高額通信料の発生を防ぐ

高額通信料が請求されないために、基本的には、海外へ行くときは「データーローミング」を”オフ”にしておくのがおすすめです。

※「データーローミング」とは、スマートフォンなどで使用する各キャリア(ソフトバ ンク・docomo・auなど)の電波が圏外の場所へ行ったときに、各キャリアが提携している現地の携帯会社の電波受信を可能にし、通信ができるようにする機能です。

データローミングの機能は一見便利なように思えますが、”オン”にしておくと海外では高額通信料が発生することがあるので注意が必要です。

 

✔ 携帯・タブレットの設定から「機内モード」を”オン”にするすることで、海外滞在中は通信を一切絶つ
日本で飛行機に乗ってから⇒海外での滞在中⇒日本で飛行機を降りるまでの間、常に携帯の”設定”の「機内モード」を”オン”にしておくことで、データ通信も電話も利用できなくなります。結果、通信利用料金が発生することはありません。

スマホをデジカメの代わりに利用したい場合には、この方法が使えるでしょう。

メリット 通信利用料金が全く発生しないので、高額通信料におびえる事もなく安心できます
デメリット データ通信も通話も行えないので、海外に滞在中は「GPSが使えない(GPSを使っての地図が見れない)」「インターネットで調べものなどができない」「携帯を使い日本にいる家族や友人と全く連絡が取れない」などの不便が発生します

 

滞在先のホテルや現地のwifiスポットを利用することで、現地のフリーwifiを利用して安くインターネットを利用する
携帯の設定から「機内モード」を”オン”にしたうえで「wifi」の設定も”オン”にすることで、現地のフリーwifiスポットを利用できます。

メリット 現地のフリーwifiスポットをつかうことで、通信費用がかからずインターネットやLINEの使用が可能となります
デメリット 使う場所が限定されるため、”利用したい時にインターネットが利用できない” などの事態が多く発生し不便を感じることもあるでしょう。
場所によりIDとパスワードの入力がいちいち求められるため面倒。
場合によっては現地のスタッフに接続手続きを確認する必要が出てくるため、英語での会話が必須となることもあり面倒。
などといったストレスを感じる方もいらっしゃるようです。

 

 

海外用ポケット Wi-Fi ルーターをレンタルすることで、いつでも安心して安くインターネットをする
インターネット通信をいつでも安心して使いたいという人には、wifiルーターをレンタルするのが確実に使える ということで人気となっています。
費用的にも、次に紹介する「キャリアの海外定額パケットサービス利用」よりも安く使える場合が多いため、この「海外用ポケット Wi-Fi ルーターをレンタル」を考える方が多いようです。

基本的な利用の流れ
(1)申込み
⇓⇓⇓
(2)レンタル機器の受取り(宅配便で前日までに受け取るか、空港で出発日当日に受け取ることができます)
⇓⇓⇓
(3)現地での利用(現地に着いたらルーターの電源を”オン”にし、スマホなどをルーターにwifi接続することで、インターネットの利用が可能になります)
⇓⇓⇓
(4)レンタル機器の返却(日本へ戻り空港内で機器を返却できます)

メリット 「現地のフリーwifiスポットの利用」とは違い、いつでもwifiを利用できるという便利さと安心感があります。
下記でご紹介する「キャリアの海外定額パケットサービスの利用」に比べ、費用を安く抑えられる(利用料金そのもののが安い+複数のスマホから1つのルーターをシェアすることでの1台あたりの費用が安くなる)場合が多いです。
デメリット 利用のための事前申込みやレンタル機器の受け取り&返却が面倒。ルーターのバッテリーの持ち時間の管理が面倒。と感じる方もいらっしゃるようです。

 

料金や繋がりやすさでお勧めできる ”海外で使えるレンタル Wi-Fi ルーター” をご紹介します。

 

✔ キャリアの海外定額パケットサービスを利用する
契約しているキャリアが海外定額パケットサービスを行っている場合には、海外での通信料を定額にし、高額になることを防ぐことができます。
渡航先が、海外定額パケットサービスの対応エリア内であるか確認しましょう。

詳細については、利用している契約キャリアのホームページで確認するか、直接キャリアのサポートセンターへ電話をし確認することができます。

 

 

 

 

これさえあればOK!持ち物チェックリスト 完全版

旅の準備の締めくくりは、持ち物チェックです。
下の表を参考に何を持っていくべきか今一度確認し、快適な旅行にしてくださいね。

必需品

パスポート これがなければ旅が始まりません。有効期限のチェックもお忘れなく。
パスポートコピー コピーをとって持っておけば紛失した時の証明になります。
パスポート写真 パスポート紛失用に。
航空券 飛行機予約時の名前のローマ字スペルは、パスポートと同じでないと飛行機には搭乗できないので注意。
クレジットカード 買い物や身分証明に役立つクレジットカード。海外旅行損害保険が付帯しているものが便利。
海外旅行に便利なクレジットカード
海外旅行損害保険証 加入した海外旅行損害保険の書類
現金(現地通貨・日本円) チップが必要な国へ行くときは、小銭を用意しておくと便利です。
運転免許証・国際運転免許証 レンタカーを借りる場合や、お酒を買うときに身分証明を求められたときのために。
チケット・鉄道パスなど 現地でのツアー・エンターテイメント・鉄道などを申し込んでチケットが発券された場合は忘れずに。
旅程表 旅の日程や滞在先記載の用紙

 

スーツケース・バック類

スーツケース 旅行の日数や目的にあったサイズや機能のものを選びましょう。
(バック施錠用鍵) バックに鍵がない場合、盗難防止用に鍵を付けましょう。
待ち歩き用バック 現地でいつも持ち歩くバックとして。
(海用バック) リゾートへ行く場合は、濡れても良い海バックを持っていってください。
トラベルポーチ 小物を仕分けて入れるのに便利です。
圧縮袋 スーツケースにかさばる衣類などを入れるのに便利です。

 

日用品

アメニティグッズ ボディシャンプー・シャンプー・コンディショナー・洗顔(クレンジング)・歯ブラシ・歯磨き粉・カミソリ(シェーバー)・生理用品・綿棒・コットンなど。
ハンカチ・ティッシュ類 ハンカチ・ティッシュは身だしなみの基本ですね。ウェットティッシュがあると食事のときに便利です。
旅行用洗濯セット 洗剤などの旅行用洗濯キットがあると便利です。
常備薬 普段飲んでいる薬。また、頭痛・腹痛・乗り物酔いなどの薬もあったほうがいいです。
(虫よけスプレー) 蚊などの虫は、かぶれや感染症の原因に。
メガネ・コンタクト 普段メガネ・コンタクトをしている方は、これは必需品です。
サングラス 日差しが意外と強いところが多いです。紫外線に備えましょう。
帽子 紫外線対策に役立ちます。
折り畳み傘 突然の雨に備えて。日傘と兼用になっている傘があると便利。
ドライヤー ホテルに備え付けてある場合が多いですが、いつも使ってるドライヤーがあるといいかもしれません。
化粧品・整髪料 基礎化粧品(化粧水・乳液など)、メイクアップセット(ファンデーションなど)、整髪料
※基礎化粧品はトライアルセットを持っていくとコンパクトで良いですよ。筆者おすすめのお試しセットはこの2つ。





日焼け止め 海外の紫外線は油断していると危険です。塗る日焼け止め と 飲む日焼け止め の併用がおすすめ。
ガイドブック・地図 本やスマートフォンのアプリなど。
筆記用具 意外とメモを取る場面は多いです。
機内で快適に過ごすためのグッズ アイマスク・空気枕・耳栓・機内用サンダル(スリッパ)など、機内で快適に過ごすためのグッズを必要に応じて持っていくと良いです。

 

携帯・カメラ・Wi-Fi ルーター等

スマートフォン・タブレット 海外でも、メール・SNS・地図・インターネットで調べもの、はやっぱり使いたいですよね。
Wi-Fiルーター 海外用のレンタルWi-Fiルーターがあると、いつでもインターネットが使えて便利。
海外WiFiなら!「イモトのWiFi」
トリップアドバイザーでも大人気 第1位のWi-Fiルーター「グローバルWiFi」
モバイル充電池 スマホやタブレットなどの充電切れは避けたいですね。
カメラ・ビデオカメラ 携帯のカメラの性能が良くなってきたとはいえ、やはりデジカメや一眼レフにはかないません。
電源タップ ホテルの部屋にコンセントが少ない場合に役立ちます。
腕時計 時間を管理するのに必要ですね。
変換プラグ 国によって形状が違います。

 

服・下着・水着

トップス Tシャツ、ワンピース、ジャケットなど。
ボトムス パンツ、スカートなど。
下着 意外とかさばる下着類。洗濯をする場合は旅行日数より少なめでもいいでしょう。女性はユニクロのブラトップなどあると便利です。
水着 海へ行く場合は、水着を忘れずに。
靴下・ストッキング 靴下は機内履きやハイキング用などに。女性はスカートを履くときのストッキングが必要な場合も。
靴・スニーカー・サンダル・ビーチサンダル 現地での過ごし方を考えて、目的にあった履物を選ぶと良いでしょう。

 

ところで、旅行の持ち物の準備をしていて、「もう全部揃えてる余裕がないよ~」ってなってしまうことってないですか?
筆者がよく利用する最後の手段が、レンタルです ♡
今は、スーツケースからカメラまで旅行に必要なものがレンタルで済んでしまう時代。便利ですね ♪

 

 

では、楽しい旅行を! いってらっしゃいー ♪ ♪ ♪

 

 

フォローしていただけると嬉しいな!ブログ更新を見逃しませんよ♡

コメント

    • olive kenji
    • 2017年 6月 08日

    茶子さん こんばんわ
    この記事はちょうどグッドタイミングでした。

    実は今、海外旅行の準備中というかいろいろ予約を取っている最中だったのです。
    海外旅行に行くことに迷っていた私ですが、昨日飛行機の予約にポチしてしまいました。
    そうなると今日はホテル、電車、飛行ショーの予約に大忙しでした。
    そう、7月の英国の航空ショーを2本見てきます。8・9日はプロペラ戦闘機、14日はジェット戦闘機です。
    その間はケント州のセブンシスターズという景勝地をハイキングしてこようかと思っています。

    モバイルの記事は分かりやすくて参考になりました。ドコモの説明書なんか細かい小さい文字で読む気がしません。
    ITに弱いおじさんは困っていたのです。また他の記事もゆっくり読まさせて頂きます。

    カメラG9の写りはいいです。ただAUTOばかりで他の機能を使用していないのが現状です。
    茶子さんの中野、吉祥寺のあのような色合い、少しボケ加減はどのような方法で撮っているのでしょうか。
    時間があれば教えて頂きたいものです。

    今日から急に忙しくなりそうですが、このブログを参考にきちんと旅行準備して写真も勉強しなくちゃいかんなと思っています。

  1. olive kenjiさん こんにちは
    コメントありがとうございます。

    おー、英国の航空ショーを見に行かれるんですね!いいですね!ケンブリッジとかでやってるショーかな?
    私も実は航空ショーが好きで日本では見に行ったりします。
    でも海外での航空ショーは経験がないので、良かったら、ぜひまた行かれた感想なども教えてくださいね。
    セブンシスターズのハイキングも素敵ですねー。楽しんできてくださいね♪

    モバイルの記事、参考になったとのことで嬉しいです!(もっと手順の写真を入れたりしながら、さらに分かりやすい内容にしていけたらと考えております)
    この「旅行の計画と準備」という記事全体に関しては、私のこれまでの旅行経験から「こんな記事あったら良いな」と思っていた事をまとめたものです。基本は自分の経験からの役立つ情報をベースにしていますが、裏付けを取るため、沢山のリサーチをしました。また、旅行代理店で働いてる友人への取材から得られたことも参考にし、まとめました。
    今回モバイルの記事のパートが参考になったということですが、その他のパートも含めた記事全体が、お役に立てると嬉しく思います。

    G9のカメラのボケは、ジオラマ風モードをよくつかっております。AUTOでも被写体に寄って撮る時はボケるかな?と思います。
    最近ようやくカメラの ”読みづらい”(?笑)取扱説明書も読み始め、いろいろ使い方を試しているので、また使いやすい機能などがあれば、共有させていただきますね。

    旅行の準備は疲れる反面、いろいろ現地でのことを考えると楽しくてテンション上がりますよね。
    お仕事も大変だと思いますので、無理をなさらずに、少しずつ準備を進められてください。
    ぜひolive kenjiさんにとって最高の旅行にしてくださいね!♪

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事/Latest Posts

アーカイブ/Archives

PAGE TOP