ブログ/Blog

美味しい蕎麦を、古民家レストランで 「桔梗家(ききょうや)」@東京 光が丘

こんにちは、茶子です。

今日、姉とドライブがてら、前から気になっていた東京練馬の光が丘にある桔梗家 (ききょうや) というお蕎麦屋さんへ行ってきました。

光が丘美術館

 

趣のある古民家で、美味しい手打ち蕎麦をいただいてきました。

とても良いお店だったので、今日は、その様子をご紹介したいと思います。

光が丘美術館の敷地内

 

桔梗家(ききょうや)

桔梗家(ききょうや)は、東京都練馬区の光が丘にある「光が丘美術館敷地内の蕎麦レストランです。
(すてきな「光が丘美術館」については後ほどご紹介させて下さいね)

 

さて、近くの駐車場へ車を止めると、さっそくお蕎麦を頂きにレストランへ向かいました。

そば処 桔梗家の看板

 

初めての訪問にわくわく。

敷地内へ入り、小道を奥へ奥へと歩いていくと

そば処 桔梗家の庭

 

ようやく、レストランの建物が見えてきました。

 

雰囲気

こちらがレストラン 入り口。

そば処 桔梗家の入り口、太陽の光のシャワーが美しい

なんと、この建物、埼玉県小川町から 養蚕農の家をそのまま移築したものなのだそうです。

なんだか風情ある田舎のお宅にお邪魔するような、そんな感覚です。

 

では、お邪魔しますー ♫

ガラガラー

そば処 桔梗家の入り口を入ってすぐの土間

 

玄関を開けると…  広い土間の廊下が、目に入ってきました。

おーすてき ♡

土間の奥、右手には、階段(写真右)
真ん中には、昔 囲炉裏があった居間ようなお部屋(写真中央~左)

…..

はて、お蕎麦はどこでいただけるのかしら。。。?

と、辺りを見渡すと、左手にレストランらしき空間が。

そば処 桔梗家は古民家を改築したものー内部

 

左手に見えた昔ながらの引き戸のドアを開け、中へ入っていくと… 広いお座敷が見えてきました。

そば処 桔梗家のお座敷を入ったところーここでおそばが頂けます

 

お座敷にはテーブルが置かれ、どうやらここがレストランのようです。

 

いらっしゃいませお好きな席へどうぞー

お店の方から声をかけていただき、座敷へ上がると、窓際の席へ座りました。

そば処 桔梗家ー蕎麦を待つ間に見えた窓からの美しい庭

 

席の隣には縁側があり

大きく取られた窓からは、美しい日本庭園を眺めることができます。

 

お茶をどうぞ

そば処 桔梗家ー最初に出されたお茶

 

お茶を頂きながら、手前に見える縁側と窓越しの庭を眺めていると

時間が、静かにゆっくりと、流れている…

何だか、ここだけ、別世界のように感じられます。

 

 

お料理

さて、どんなお蕎麦がいただけるのかなー

そば処 桔梗家ーメニューブック

と、メニューを開いてみると

ランチでは、天ざる・鴨蕎麦などのお蕎麦や、小鉢・蕎麦どうふ、などがいただけるようです。

うーん、どれにしようかな。とろろの道楽そばもいいな。かもそばも美味しそう。シンプルに桔梗そばをいただくのも良いかな。

そばどうふもあるのね。。。

 

と 散々迷ったあげく、今回は天ざるそばをいただくことに。

注文して、しばらくすると、美味しそうなお膳が運ばれてきましたよ ♪ ♪

 

そば処 桔梗家ー注文した天ぷらセイロ

 

こちらのお店のこだわりは、蕎麦の原料や配合の割合。そして、打ちたてのそばが味わえる ということ。

  • 原料は、全国有数の会津産玄そばの実を仕入れ、毎日お店で製粉した挽きたてを使用
  • 福島で修行を積んだ店主が、店内で丹精込めて打った細打ちの田舎そば

一口頂いてみると… 香り豊かな細打ち麺は、のどごしが良く… いやー上手いっ!

 

また、添えられた薬味も、お蕎麦を引き立てる良いアクセントになっていました。

ぱりぱり短冊切りの海苔、ねぎ、そして、わさび。

生のわさびは塊のまま出され

そば処 桔梗家ー自分ですりおろす生わさび
自分で摩り下ろしていただきます。

こういった贅沢はとても嬉しいですね。

おろしたてのわさびの香りが、お蕎麦の味をよりいっそう引き立たせていました。

 

そして、上品に調理された天ぷらもまた、繊細な細打ちそばと、よく合っていました。

そば処 桔梗家ー天ぷら

 

 

伝統的な日本家屋の素敵な空間で、美味しいお蕎麦をいただく。

とても贅沢な時間を過ごさせていただきました。

ごちそうさまでした!

そば処 桔梗家ー食事のできるお座敷ー反対側を見た写真

 

 

アクセス・営業時間・問合わせ

住  所:東京都練馬区田柄5-27-25 光が丘美術館敷地内
アクセス:都営大江戸線 光が丘駅より徒歩3分
営業時間:11:00~15:00 / 16:00~18:00(定休:月曜日、第1,3火曜日)
問合わせ:03-5241-9582

 

そば処 桔梗家からの帰りー美しい庭と石畳を通って

 

 

光が丘美術館

桔梗家(ききょうや)のある光が丘美術館について、少しご紹介したいと思います。

光が丘美術館の入り口

 

美術館について

ここは、1993(平成5)年に鳥海源守さんが開館した個人の美術館です。
館内では

  • 日本画、版画、陶芸作品などといった芸術作品の展示
  • 世界に12台しかないベーゼンドルファー制作「1000年祭グランドピアノ」によるコンサート
  • 陶芸教室(「飯綱山陶房」陶芸教室)

などが行なわれています。

光が丘美術館の入り口を斜めから撮った写真

芸術作品に囲まれながらピアノ鑑賞をするという、特別な時間を過ごすもよし。
土に触れ、ろくろを回し、精神統一しながら、自らの手で何かを形作っていくという、貴重な体験をするもよし。

光が丘美術館も、ぜひゆっくりと時間をとって訪れてみたい場所です。

外観の土壁が美しい日本建築もまた、印象的でした。

光が丘美術館の白壁と石畳

 

美術館への問合わせ

電    話:03-3577-7041

ウエブサイト:美術館公式ページ

 

西武池袋線沿線はお蕎麦の名店が集まる?

今回ご紹介した桔梗家(ききょうや)をはじめ、西武池袋線沿線には、名店と言われるようなお蕎麦のお店が多いような気がします。

ここでは、私がこれまでに行って良かったお店や、今後訪れてみたいお店を、ご紹介しようかなと思います。

玄蕎麦 野中の看板ー他にも美味しい蕎麦屋さんがありますよという例

  • 石臼挽き ふるまい蕎麦 ふる井(いしうすびきふるまいそば ふるい):西武池袋線「桜台駅」より徒歩15分
  • 手打蕎麦 じゆうさん :西武池袋線「東長崎駅」南口より徒歩7分
  • 玄蕎麦 野中(げんそば のなか):西武池袋線「中村橋駅」より徒歩14〜5分
  • そば 法師人(ほうしと):西武池袋線「桜台駅」より徒歩12分
  • 176(いちななろく):西武池袋線「練馬駅」より徒歩5分

上記お店の詳しい食レポなどは、また別記事でご紹介できたらと思います。

 

フォローしていただけると嬉しいな!ブログ更新を見逃しませんよ♡

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link



最近の記事/Latest Posts

  1. 勉強する女性
  2. 花とボケ
  3. エイジング・ビーフTOKYOの熟成肉ショーケース
  4. EOS M100とG9X MARK2を並べて撮った写真
  5. ブルーインパルス
  6. しゃぶ葉食べ放題の様子
  7. エステナードリフティのセット写真
  8. FRATELLI PARADISO(フラテリパラディソ)ーダイニングエリア
  9. 美顔器リフティセット

アーカイブ/Archives

Sponsored Link



Sponsored Link



PAGE TOP