ブログ/Blog

歴史あるプラセンタ – サプリメントの効果や医療での活用を知ろう

プラセンタについてご存知でしょうか?

最近では、健康と美容のため、プラセンタサプリを摂取していらっしゃる方をたくさんお見かけします。
しかし「ただ良さそう」というだけで、「実はプラセンタのことをあまり知らなかった」という方も、少なくはないようです。

実際、インターネット上には、例えば「オードリーヘップバーンが飲んでいた」「アンチエイジング」「コラーゲン」など様々な情報があり、正直何をどう理解したらよいか分からないところがありますよね。

そこでこの記事では「プラセンタのこと」「サプリメントを選ぶポイント」などを分かりやすくまとめました。

本記事があなたの健康と美容のお役に立てれば幸いです。

プラセンタってなに?

簡単にいうと、哺乳動物の胎盤から抽出したエキスのこと。健康や美容のアンチエイジングに作用する良い成分が含まれています。

現在では、プラセンタはサプリメント(豚・馬・羊などの胎盤を利用)や医薬品(人の胎盤を利用)として活用されていますが、人類の歴史をさかのぼると、かなり昔から”秘薬”として活用されてきたことが分かります。

 

プラセンタの歴史

プラセンタというと”最近のもの”という認識の方も多いのではないかと思いますが、プラセンタには長い歴史があります。

海外では、なんと紀元前から使われていたということです。プラセンタの優れた効能に気付いた古代の先人たちが活用していたのでしょうか。絶世の美女といわれた古代エジプトの女王「クレオパトラ」の美しさも、実はプラセンタのお陰だったのかもしれません。
近世では「マリーアントワネット」も、プラセンタであの美貌や若さを保っていたとか。
また、誰もが憧れる「オードリーヘップバーン」や、セクシーさと可愛らしさを併せ持った「マリリンモンロー」も愛用者の1人だったそうです。
昨今では、海外セレブの間でもプラセンタが大人気ですね。

日本においては、江戸時代から”秘薬と”して使用されていたと言われています。
医療用として日本で正式に認可されたのは、今から60年ほど前。1950年代に医薬品として認可されたプラセンタ注射が行われるようになりました。(「メルスモン」というプラセンタエキスが1956年に厚生労働省より医薬品認可。「ラエンネック」は、1959年に誕生しその後医薬品認可)

こうやってみてみると、あらためて、プラセンタにはずいぶん古い歴史があることが分かりますね。

 

こんな風に、プラセンタが古代から秘薬として、また近年ではサプリメント医薬品として活用されるようになったのは、”私達の身体や心に良い働きをする”プラセンタのもつ有効成分に期待してのこと。

プラセンタには、どの様な有効成分が含まれているのでしょうか?

プラセンタの成分

プラセンタエキスに入っている有効成分としては、以下のようなものがあります。

  • 成長因子
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • アミノ酸
  • DNA
  • ビタミン・ミネラル
  • 食物繊維

実にたくさんの栄養成分が含まれていますが、プラセンタで特筆すべきは成長因子の存在でしょう。

成長因子とは、動物体内において、特定の細胞の増殖や分化を促進する内因性のタンパク質の総称

プラセンタには成長因子が多く含まれ、全身の新陳代謝の促進に大きな役割を果たしてくれるといわれています。その他にも、たくさんの栄養素をもったプラセンタは、医療現場でも多岐にわたる分野で活用されています。

プラセンタ療法とは

 

プラセンタ療法とは、プラセンタの有効成分を内服や筋肉注射などで、さまざまな疾患や体調不良の治療を行うことです。プラセンタ療法については、医師の中でも賛否両論あるようですが、特に統合医療に関心のある医師がプラセンタ療法を積極的に活用しているようです。

統合医療に関心のある医師が中心となってプラセンタ注射薬の臨床研究を行っております。

一般財団法人日本胎盤臨床医学会

 

報告されているプラセンタ治療の薬理効果は多岐にわたります。そのため、内科婦人科皮膚科精神科歯科といった様々な専門科でプラセンタ治療が取り入れられています。
症状により、健康保険適用となるものと自費診療となるものがあります。

各クリニックのホームページを訪ねると、プラセンタ治療の方針や期待される効果を記載されているところも多くあります。興味のある方は、お近くのクリニックのホームページを確認されたうえ、相談に行かれるとよいでしょう。

ここで、プラセンタ療法とプラセンタの薬理作用について、分かりやすくまとめている医師監修の記事があるので、ご紹介します。

 日本胎盤臨床医学会によると、プラセンタには以下に挙げた20の薬理作用があるとされています。
1.基礎代謝向上作用 2.細胞活性化作用 3.呼吸促進作用 4.血行促進作用 5.造血作用 6.労回復作用 7.血圧調節作用 8.自律神経調節作用 9.ホルモン調整作用 10.免疫強化作用 11.活性酸素除去作用 12.抗突然変異作用 13.創傷回復促進作用 14.抗炎症作用 15.抗アレルギー作用 16.体質改善作用 17.強肝・解毒作用 18.妊婦の乳汁分泌促進作用 19.食欲増進作用 20.精神安定作用

これらのうち、肝疾患・更年期障害・乳汁分泌不全のプラセンタ療法は、健康保険適用となります。

以下のような目的では健康保険適用外で自費診療となりますが、プラセンタ療法によって効果が期待できるとされています。
・美白、シミ、シワ、くすみ、乾燥肌など美容効果
・アトピー性皮膚炎、花粉症、気管支喘息などのアレルギー改善
・生理不順、生理痛、便秘、冷え性など女性特有の症状の緩和
・肩こり、腰痛、ひざ痛などの整形外科的効果
・自律神経失調症、不眠症など心療内科的効果
・そのほか、疲労回復、免疫力向上、健康維持

出典:プラセンタ療法とプラセンタの薬理作用

( http://www.skincare-univ.com/article/004128/)

 

プラセンタ治療に関して興味のある方は、各医療機関に相談されるとよいでしょう。

医療以外に、私たちが比較的簡単にプラセンタを取り入れられる方法として「サプリメント」の摂取があります。
次の章では、プラセンタサプリメントについて見ていきたいと思います。

プラセンタサプリメント

最近ではたくさんのメーカーからプラセンタサプリが販売されていますが、プラセンタサプリとはどんなものでしょうか?

他のサプリとどう違うのでしょう?

プラセンタサプリの最大の特徴「成長因子」

プラセンタが他のサプリメントと大きく異なり注目される理由として、成長因子を含んでいることが挙げられます。
成長因子は、私たちの細胞分裂を促し、細胞の成長や壊れた細胞の再生を助けるといった、重要な役割を担っています。
もともと体内には様々な成長因子が備わっていますが、年齢とともに減少していきます。そこで、成長因子をプラセンタから補うことによる 健康や美容のアンチエイジングへの作用が期待されています。

 

栄養補助食品としてのサプリメント

サプリメントはあくまで栄養補助食品ですので、医薬品のように効能・副作用・飲み方などは特に明示されてはいません。
とはいえ、「私たちの口に入れるもの」「成分が身体に作用するもの」である点をしっかりと認識する必要があります。

持病がある場合には主治医に相談したり、サプリメントの成分や含有量を確認し、安全で効果の高いものを選ぶようにしたいところです。

そこで次に、質の高いプラセンタサプリを選ぶポイントと効果的な飲み方をお話ししたいと思います。

質の高いプラセンタサプリを選ぶポイント

♦ プラセンタエキス純末の含有量 ♦
プラセンタサプリを選ぶ際の一番のポイントは、”品質の高いプラセンタエキス純末の含有量”です。
プラセンタの製造は、簡単に言うと以下のような工程になってます。

(1) 哺乳動物の「胎盤」を高度な抽出技術を用い不純物を除去し、エキスを抽出する。
(2) (1)でできたものが「プラセンタエキス(原液)」。ここから更に、「フリーズドライ」「スプレードライ」といった技術を用い、水分や不純物を取り除き粉末状に濃縮する。
(3) (2)の工程を経てできたものが「プラセンタエキス純末」

プラセンタサプリを選ぶときの目安は、上記工程を経てできた (3)の「プラセンタエキス純末」の量

各社から出ているプラセンタサプリを選ぶ際には、この含有量を比較しましょう。
製品によっては、工程(2)の「プラセンタエキス(原液)」の量しか明示してないもののあるようなので注意が必要です。

 

[CLUMN] プラセンタの抽出方法
プラセンタの抽出には様々な技術があり、採用される抽出技術により有効成分の含有率に違いがでてきます。そこで、サプリメントを選ぶ際の参考に、こういった抽出技術による違いも頭に入れておくとよいと思います。現在のところ最高峰といわれている抽出方法は「培養細胞法」という技術で、プラセンタ成分を破壊することなく純度の高いエキスの抽出が可能です。
次に高品質な製品によく用いられる方法は「酵素分解法」「凍結酵素抽出法」です。
他には、「凍結融解法」「加水分解法」などの技術もありますが、上記で紹介した技術に比べ、時間が短くが費用が安いといったメリットがある反面、プラセンタの有効成分が破壊されやすいといったデメリットがあります。

 

♦ プラセンタ以外の成分 ♦
プラセンタサプリには、上記でお話ししたプラセンタエキス純末以外にも、健康や美容に良いとされる成分を配合している製品が多いです。プラセンタ以外に自分の摂取したい成分が含まれているかどうかも、選ぶポイントの1つになるのではないかと思います。

♦ 価格 ♦
もちろん同じ製品であれば安いに越したことはありませんが、安易に安価な製品を求めてしまうと、低品質なものを選んでしまう可能性もあります。
なぜなら、プラセンタの抽出には高度な技術が用いられているためです。そして、プラセンタの有効成分を壊さない高度な技術を用いるほど、時間も費用もかかってしまうのが現状です。選ぶ際は、上記「[CLUMN] プラセンタの抽出方法」を参考に、価格だけではなく 品質にも目をむけ選ぶようにしましょう。

飲み方を工夫して最大限の効果を得よう

せっかく飲むサプリメント、効果を最大限にとりいれたいもの。サプリメントは栄養補助食品であることから、飲むタイミングに関しては特に明記していないことが多いですが、プラセンタサプリを摂取する場合、以下のような点に気をつけると良いと思います。

♦ 睡眠前の摂取 ♦
睡眠中は成長ホルモンが分泌され、細胞が活発に分裂します。つまり、身体や肌は睡眠中に作られるということ。プラセンタには成長ホルモンを活性化する成長因子がたくさん含まれています。このことから、就寝前に摂取し、プラセンタの成長因子を睡眠中の身体作りのサポートに役立てるというのが、良い摂取のしかたと言えるでしょう。

♦ 空腹時の摂取 ♦
効率よく吸収させる”という観点から、胃酸がない空腹時に摂取するのが良いといわれています。効率よく吸収するためには、胃酸などで成分が壊されることなく腸まで届ける必要があります。食事をして3時間くらいは胃の中の食べ物の消化に胃酸が分泌されているので、食事をしてから3時間以上空けて飲むと良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
プラセンタというと「お肌に良さそう」というイメージが大きいですが、プラセンタの歴史やプラセンタ医療のことを知ると、プラセンタの奥深さが分かり興味深いですね。

私たちが気軽に試すということを考えると、やはり”サプリメントの摂取”といったことになってきます。サプリメントを選ぶ際には、品質などを確認しご自身に合った製品を選ぶようにしてくださいね。

こちらの記事も良かったら参考にしてみてください。

健康や美容を維持し、あなたの毎日がよりいっそう輝きますように ☆

 

フォローしていただけると嬉しいな!ブログ更新を見逃しませんよ♡

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事/Latest Posts

アーカイブ/Archives

PAGE TOP