家電・モバイル

HDD交換&IODATA HDL-AAX3レビュー|2.5GbE対応NASは9年前の製品と比べどれだけ早くなったか?

HDL-AAX3

こんにちは、茶子です。

いま、コロナ禍を発端に、リモートワークや巣ごもり生活が日常になってきている方が多いですね。

そのためか、大切な仕事や思い出のデータを安心して保存するための、ネットワークHDD(NAS:Network Attached Storage)の需要が増えてきています。

そこで今回は、私自身も使っている 国内初のマルチギガビット対応個人向けNASのアイ・オー・データ「HDL-AAXシリーズ」をご紹介したいと思います。

この記事の内容
  1. IODATA HDL-AAXシリーズの特徴
  2. HDL-AAX3を選ぶべき理由
  3. HDL-AAX3のベンチマーク結果

どれだけ性能が向上したのか、実際のベンチマークもご紹介します。

IODATA ネットワークHDD(NAS)「IHDL-AAXシリーズ」の特徴

HDL-AAXシリーズは、2020年1月に発売された新商品。

デュアルCPUと、高速な2.5GbEに対応した個人向けのネットワークHDD(NAS)です。

雑学博士
HDL-AAXシリーズは、従来モデルと比較すると、大幅に速度がアップしているのじゃ

IO-DATA LAN DISK A HDL-AAX3

超高速データ転送機能

HDL-AAXシリーズの転送速度

IODATA HDL-AAXシリーズの素晴らしい点は、データ転送機能が高速なところです。

ネットワークHDD(NAS)はスピードが命!ですね。

実は私自身、以前つかっていたNASの速度に不満を感じていました。

そのため、今回はできるだけデータ転送速度が速い製品を選ぶことに。そこで、IODATAの「HDL-AAXシリーズ」を購入することにしました。

「HDL-AAXシリーズ」に搭載された機能を簡単にご紹介していきます。

デュアルコアCPU搭載

DUAL-CPU

ネットワークHDD(NAS)は、ファイル送受信を処理するファイルサーバー機能を搭載しています。

そんなファイルサーバー機能に欠かせない高速データ処理で重要なのがCPUです。

とりあえずは、高性能な製品を選んでおけばOK。高い性能が要求されるサーバーにも対応するデュアルコアCPUなら間違いありませんね。

2.5GB LANに対応

HDL-AAXシリーズは2.5GBE対応、超高速NAS

また、LANの速度も、LANケーブルで接続するネットワークHDD(NAS)の速度に大きな影響を与えます。

2.5GB LANは、一般的な1GB LANの2.5倍の転送速度を誇ります。

本記事執筆時点では、2.5GB LANに対応したPC(デバイス)や、ハブなどはそれほど普及していませんが、これから買うなら2.5GB LAN対応製品を選ぶと良いでしょう

USB 3.1 Gen 1(USB 3.0)サポート

USB3.0とUSB2.0の転送速度の違い

ネットワークHDD(NAS)のUSB端子に、USB外付けHDDを接続すると、NASのデータを高速でバックアップすることができます。

このときに重要なのが、USBの規格です。

USB3.0( 3.1 Gen 1 )のデータ転送速度は5Gbpsですが、数年前のNAS製品に搭載されているUSB2.0の転送速度は、480Mbpsと、USB3.0の10%程度。

USB2.0に接続された外付けHDDの速度は、とても遅いのです。

ですから、高速データ転送を快適に行うためには、USB3.0( 3.1 Gen 1 )規格の製品を選ぶとよいです。

HDL-AAXシリーズ仕様
CPUMarvell Armada382 Dual Core 1.33GHz
メモリ512MB
LANポート( 2.5GBASE-T / 1000BASE-T/ 100BASE-TX/ 10BASE-T )× 1
USBポートUSB 3.1 Gen 1(USB 3.0)/USB 2.0

リモートアクセス機能、Remote Link 3(リモートリンク3)

リモートアクセス機能

リモートアクセス機能を使うと、インターネットを経由し、世界中のどこからでも自宅のネットワークHDD(NAS)のデータにアクセスすることができます。

まさに、クラウドストレージの感覚で使えますね。

1ドライブモデルと2ドライブモデルはどちらがおすすめ?

HDL-AAXとHDL2-AAXのイメージ

1ドライブモデルと、2ドライブモデルの2つのモデルを展開

HDL-AAXシリーズでは、1ドライブモデル(HDL-AAXZ)と、2ドライブモデル(HDL2-AAXZ)の2つのモデルを展開。

両モデルとも、ディスク容量別に複数の製品がラインアップされています。

ディスク容量別のコスト比較(定価)

容量2ドライブモデル1ドライブモデル
1TBHDL2-AAX2
¥33,300
HDL-AAX1
¥19,500
2TBHDL2-AAX4
¥41,100
HDL-AAX2
¥21,000
3TBHDL2-AAX6
¥48,800
HDL-AAX3
¥23,200
4TBHDL2-AAX8
¥62,800
HDL-AAX4
¥29,800
6TBHDL2-AAX12
¥93,800
HDL-AAX6
¥49,800
8TBHDL2-AAX16
¥112,800
HDL-AAX8
¥58,800

注意

IO-DATAのHDL-AAXシリーズは、2020年8月から定価が1割ほど値下げされました。(IO DATA 2.5GbE対応NAS、24型番を値下げ

比較条件
  • 2ドライブモデルはミラーリング(RAID1)時の容量にて比較
  • 金額は定価(税抜)

性能重視ならば2ドライブ搭載モデルがおすすめ

予算に余裕があれば、迷わず2ドライブモデルを選ぶとよいでしょう。

2ドライブモデルをRAID0(ストライピング)モードで利用すると、データ読み込み最大226.6MB/s という超高速なデータ転送が可能になります。

コスパ重視ならば1ドライブモデルがおすすめ

1ドライブモデルは、2ドライブモデルに劣るものの、173.5MB/sもの転送速度が出るうえ、2ドライブモデルの半額程度ととてもお買い得なのが特徴。

そのため、コスパ重視なら、1ドライブがおすすめです。

筆者は1ドライブモデルを買いました

コスパ重視のため、1ドライブモデルのHDL-AAX3(3TB)を購入しました。

ポイントなどを含めると1万8000円程度で購入できたので大満足です。

HDL-AAX3パフォーマンスレビュー

ここからは、私が実際に購入した、1ドライブモデルのHDL-AAX3のベンチマーク結果をご紹介します。

NASの性能進化をみるため、筆者がつかっている古いNASとの性能差を、CrystalDiskMarkベンチマークで比較してみましょう。

参考リンク

各種ストレージのデータ転送速度を測定できるベンチマークユーテリティ

LANDISK HDL2-A2.0(2011年発売)のベンチマーク結果

LANDISK HDL2-A2.0は、2011年に発売された家庭用のネットワークHDDです。

2ドライブモデル、2GBの容量で、約4万円で購入しました。

HDL2-AシリーズイメージHDL2-Aは、2011年10月上旬にIO-DATA より発売された製品です。
LANDISK HDL2-A2.0LANDISK HDL2-A2.0 ミラーリング(RAID1),1GbE LANでのベンチマーク結果

 

こちらが、HDL2-A2.0のベンチマーク結果です。

読み込み速度は、39.2MB/s しか出ていません。

LANDISK HDL-AAX3(2020年発売)のベンチマーク結果

IO-DATA LAN DISK A HDL-AAX3IO-DATA LAN DISK A HDL-AAXシリーズ(1ドライブモデル)

今回購入した、1ドライブモデル、HDL-AAX3のベンチマーク結果がこちらです。

HDL-AAX3のベンチマークHDL-AAX3、1GbE LANでのベンチーマーク結果

なんと、古いLANDISK HDL2-A2.0とくらべて、約3倍の読み込み速度がでています。

これだけ早ければ、内蔵ハードディスクと同じような感覚で、使うことができますよね。

ポイント

今回は、1GbE LANで計測したのですが、もしHDL-AAXがサポートしている、2.5GbE LAN環境で使えば、さらに2倍以上の高速化が見込めそうです。

新製品を購入して大満足でした。IODATA HDL-AAXシリーズはおすすめできます!

NASのアクセススピードは、9年で3倍以上に進化した!

結論としては、かなりの高性能にとても満足しています!

以前使っていた古いNASと比較し、こんなに速度が早くなっていることに驚きました。

充実したバックアップ機能

IODATA HDL-AAXシリーズは、バックアップ機能も充実しています。

大容量データのバックアップに便利な「履歴差分バックアップ機能」

履歴差分バックアップ機能のイメージ

大量のデータをバックアップするときに便利なのが、履歴差分(増分)バックアップ機能です。

例えば、ビデオ編集などで毎日1GBのデータが増えていく場合、3日連続でデータバックアップを行うと、

  • フルバックアップは約6GB
  • 履歴差分バックアップは約3GB

のデータ容量が必要となります。

なぞの生物
ん? なんでじゃ?

雑学博士
履歴差分バックアップは、前回バックアップした時点から更新されたデータのみバックアップするので、バックアップ容量を節約できるのじゃ

バックアップ方式の違い

バックアップ手段フルバックアップ履歴差分バックアップ
特徴その時点で存在するすべてのファイルをバックアップする前回バックアップした後に更新されたデータのみバックアップする
バックアップ先のデータ容量元データの10倍程度の容量が必要。(過去7日間のデータのみ保持する場合)元データと同等程度の容量

毎日フルバックアップすると、バックアップ先の容量も大量に確保する必要がある上、バックアップ時間も長くなります。

筆者の場合は、容量3TBのHDL-AAX3に、安価な4TのUSB外付けHDDを接続して、バックアップ専用ディスクとして運用しています。

差分バックアップならば、バックアップも数分で完了するので快適です。

ポイント

差分バックアップ機能があると、バックアップ先のHDD容量を節約できます。

バックアップ時間のスケジューリング機能

バックアップスケジュール機能

バックアップ時間をスケジュール化できるのも、IODATA HDL-AAXシリーズの便利な点です。

スケジューリング機能を使うと、指定した時間に自動的にバックアップを取ってくれます。

なぞの生物
PCの電源がOFFの状態でも、夜中に自動的にバックアップしてくれるので便利じゃ

ポイント

IODATA HDL-AAXシリーズには、スケジューリング機能が内蔵されているので、PCが無くても大切なデータをバックアップすることができます。

FAQ:NASに関するよくある質問

データセンターのイメージ

ネットワークHDD(NAS)の購入前に、筆者が調べた内容をご紹介します。

内蔵HDDが故障したら?

NASの内蔵HDDが故障した場合は、市販のHDDを入れ替えることができます。

2ドライブ搭載モデルでミラーリングしている場合は、故障したHDDを交換すると、自動的に新しいHDDにデータがコピーされます。

1ドライブ搭載モデルの場合は、USB外付けHDDなどに、確実にバックアップを取っておきましょう。

保証期間は?

HDL2-AAX, HDL-AAXシリーズの保証は3年間(内蔵HDDのみ1年保証)です。

法人向けのHDL2-AAXW、HDL-AAXWは、信頼性の高い「WD Red」(ウエスタン・デジタル、NAS専用HDD)を搭載しており、24時間NASの状態を管理するクラウドサービス「NarSuS」に登録すうることで、HDDを含めた3年保証となります。

数年前に発売されたネットワークHDD(NAS)が安くなっているけど、最新の製品にしたほうがよい?

パフォーマンスを求めるならば、最新モデルの購入がおすすめです。

今回の検証でも、最新モデルは、9年前の製品と比較して約3倍ものパフォーマンスの向上があることがわかりました。

データバックアップ用途など、それほど高いパフォーマンスが不要な場合は、安く購入できる旧モデルを購入してもよいでしょう。

2.5GbE環境は普及していないので、まだ不要では?

絶対必要ではありませんが、近い将来2.5GbEが普及したときに幸せになれます。

筆者は、HDL-AAX3を購入する際に、2.5GbEに対応していないHDL-AA3と価格を比較したのですが、わずか2千円の差しかなかったので、2.5GbEに対応したHDL-AAX3を選択しました。

2020年8月の価格改定により、HDL-AAXの定価は、HDL-AAと同一になりました。特に理由がなければ、2.5GbEに対応しているHDL-AAXシリーズがおすすめです。

HDD別売りのNASはおすすめ?

割り高になるため、家庭での利用にはNDD内蔵の製品がおすすめです。

Synology(シノロジー) 製品など、高機能なNASの筐体を販売しているメーカーの製品も検討したのですが、別売りのHDD(2本で3~4万円程度)も購入が必要なことから、ご家庭での利用には向かないです。

会社で業務につかうにはどのNASがおすすめ?

法人・企業向けNASをおすすめします。

より信頼性の高いNAS専用HDDを搭載した、高機能モデルが各社から販売されています。

IO-DATA LAN DISK A HDL-AAX3

まとめ:新しいNASはアクセス速度が大幅に向上!

今回は、筆者が購入した、ネットワークHDD「IODATA HDL-AAX」シリーズをご紹介しました。

最新のIODATA HDL-AAXは、9年前に購入した製品(IODATA HDL2-A2.0)と比較すると、アクセス速度が約3倍も向上しています。

お値段の方も安くなってきているので、複数のPCやスマホでファイルを共有したい場合は、ネットワークHDDの利用がおすすめです。

これから、ネットワークHDDを購入するならば、以下の条件で選ぶと良いでしょう。

  • 2.5GbE対応製品
  • データ転送速度が速い製品
  • USB3.0ポート付き

ネットワークHDDをうまく使って、大切なデータを失わないように守りましょう。

ではまた!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です