英語学習法

英語の語彙数の目安は?日常会話、TOEIC、転職、学生に必要な英単語数とは?

英単語学習

こんにちは、茶子です。

今日は、英語学習者が覚えるべき単語数をテーマに書いていきます。

私自身、英語学習を始めてからいつも「どの程度の単語を覚えたらいいのかな?」「みんなどれほどの語彙力があるのかしら?」と興味がありました。

そこで今回、日常会話・学生・TOEIC・英検・転職に必要な英単語数を調べ、まとめてみました。英語学習の際の参考にしてみてください。

この記事の内容

この記事はこんなあなたにお勧めです。

  1. 英語の学習をしている
  2. 英語の上達にはどれだけの単語を覚えないといけないのか知りたい

学生、TOEIC・英検、日常英会話における必要英単語数の比較

学生、TOEIC・英検、日常英会話学習者がそれぞれ習得するべき英単語数を比較しました。

以下の表になります。

 

標準語彙水準 SVL12000(左2列)の「基礎英語」「日常会話」「表現力豊か」などの基準を1つの指標とし

  • 現在、自身がどの程度の単語数を習得しているか
  • 今後達成したい目標単語数はいくつか

を考えると分かりやすいかと思います。

これから、一つ一つの基準項目(列)について、簡単に解説していきます。

標準語彙水準 SVL12000とは

標準語彙水準 SVL(Standard Vocabulary List)は、英語情報・学習教材・本などを制作している株式会社アルクが、長年にわたり蓄積した英語学習サポート実績データや、多数の英文データを解析して作った語彙リストです。

このSVLは、日本人にとって有用性重要性という観点から、必要な語彙を選定したリストとなっています。

最も重要な語彙12000語を、基礎から最上級まで12レベル(1000語/1レベル)、達成目標とともに区分してあり、英単語学習を進めていく上での一つの目安になります。

標準語彙水準 SVL12000単語数
最上級世界を広げる12,000
11,000
上級英文雑誌も読める10,000
9,000
8,000
中級表現力を豊かに7,000
6,000
5,000
初級日常会話や読解4,000
3,000
2,000
入門英語基礎の必須単語1,000

 

レベルごとの実際の単語の内容は、レベル別語彙リストSVL12000 から(レベル別リンクをクリックすること単語一覧が表示)確認できますので、ぜひチェックしてみてください。

英語ネイティブの語彙力

最初の表には載せませんでしたが、英語ネイティブはどの程度の語彙力(単語数)を持っているか気になりますよね。
参考までにご紹介しておきます。

 

上記のチャートは「Test your vocab」というサイトが20万人以上の英語ネイティブスピーカーの語彙力をテストした結果です。

これによると、6歳児で8,530単語。これは、難関私立大学の入試試験に必要な8,000語と同じくらいの数字になりますね。

6歳児で8530単語

18歳で22,777語、30歳で27,808語、40歳で30,213語、50歳で32,013語、60歳で32,434語だそう。さすがネイティブですね。

私たちはネイティブではないので、ここまで覚えなくても大丈夫です。この数字はあくまで興味としての参考にしてください。

とはいえ、英語ネイティブとの流暢な会話、英語雑誌やニュースを理解できるようになるには、15,000語はあった方が良いと言われています。

ですから、英語学習者は最終目標ラインとして15,000語あたりを目指していきたいところかと思います。私も頑張りたいと思います!

日常英会話を楽しむ語彙力

前章で15,000語という数字にビックリされたかもしれませんが、だいじょうぶです!

基本的な日常英会話を楽しむ場合の最低限必要の英単語数は、実は、意外と少ないのです。

標準語彙水準 SVL12000単語数
日常会話や読解2,000~4,000
英語基礎の必須単語1,000

 

中学英語(1,200単語)で基本的な会話は十分という声もありますが、できれば3,000語を目標に覚えると余裕を持って英会話を楽しめるかと思います。

遊び・トレンド友達を作ろう

英語初心者向け外国人の友達の作り方!友達がいれば英語力もアップする!

外国人の友達が欲しい?(^.^) 英語初心者向けに、外国人…

 

転職や社内評価基準の語彙力

転職や社内評価の基準となるTOEICと単語数は、以下の通りです。これは一般的な数字で、会社によって多少異なりますが、転職を考えている人には参加になるデータです。

仕事TOEIC単語数
海外出張・海外赴任860点10,000
国際部門配属730点8,000
履歴書でアピールできる600点5,000

 

遊び・トレンド外資企業での会議風景イメージ

英語嫌いな私でも外資転職に成功した3つの方法~英語学習・求人サイト・リンクトイン

英語が大嫌いだった筆者が外資系企業への転職を成功させるために…

 

日本の学生の語彙力

日本の学生の語彙力は、数字でみると意外と少ないように感じますね。中学生は3年間で約1,200語、高校生は約3,000語を習います。

この単語数は現在のものですが、文部科学省では、今後、小・中・高で習得すべき単語数を増やす方向で進めているようです。

学生単語数
大学入試(早慶上智)6,000~8,000
大学入試(センター試験)5,000
高校3年間で3000語習得4,200
中学3年間で1200語習得1,200

大学入試の単語数(センター試験 5,000語、難関私立大 8,000語)に関しては、高校までに習得する単語数を考えると、妥当な数字と言えそうです。

 

TOEICで必要な英単語数

英語力アップや、仕事での必要性から、TOEICを受験する人も多いかと思います。

400点、600点、700点、850〜900点と、各スコアごとに覚えるべき単語数の目安を確認し、受験する際の参考にしてください。

TOEICスコア単語数
850〜900点10,000
700点8,000
600点5,000
400点3,000

数字だけでみると、膨大な単語数を覚えなければならないように感じ、気が引けてしまうかもしれませんが、TOEICに集中して単語を覚えていけば、実はそれほど大変ではありません。

 

たとえば筆者は、とにかく英語が大嫌いで苦手でしたが、会社でTOEICを取得するよう指示を受け、1ヶ月ほどの準備期間で200点以上スコアアップすることができました。

つまり、やる気さえあれば、どんなに英語が苦手な人でも短期間で単語力を伸ばすことは十分可能ということです。

遊び・トレンドTOEICのスマホ学習中

TOEICスコアが上がらない?スマホアプリ勉強「スタディサプリ」で効率的に目標スコアを達成しよう!

TOEICのスコアが上がらない、勉強法が分からないと悩んでい…

 

英検で必要な英単語数

英検を受験したい人は、以下の表を参考にしてください。

各級でどれくらいの実力が付くかは、英検各級のレベル感目安 を参照ください。

英検単語数
1級10,000~15,000
準1級8,000~9,000
2級5,000
準2級3,000~4,000
3級2,000
4-5級1,000

 

現在の語彙力を把握し目標を設定しよう

以下のアルクのサイトで英単語力を診断できます。何単語知っていますという数字は出てきませんが、大体のレベル感は分かるので、チェックしてみると面白いかと思います。

アルク英単語力診断テスト

英単語の語彙数を増やすには

ここまで、目安となる語彙力について見てきましたが、実際に語彙力を増強するためにはどうしたらいいのでしょうか?

以下に、筆者も利用し効果のあった英単語の語彙数を増やす教材をご紹介します。

日常英会話と英単語を学びたい

日常英会話も上達させながら英単語も学びたいときにお勧めの教材は、「スタディサプリ ENGLISH 日常英会話コース」です。

英単語を学ぶ

スタディサプリでは、様々なトレーニングを通して、日常英会話の総合力を上げていきます。英語の初心者から中上級者まで、段階を追ってトレーニングができるため、効率的に英語力上達が望めます。

ディクテーションなどのトレーニングで、英単語力もつきます。

 

英単語だけに集中して増強

英単語だけを集中して強化したい人は、アルクの「ボキャビル(R)マラソンMUST」、もしくは「ボキャビル(R)マラソン・パワーアップコース」もおすすめです。

ボキャビル

ボキャビル(R)マラソンMUSTは、日常会話に必須の英単語3,000語を抜群の定着率でマスターできる講座。時間がなくても無理なく語彙が増やせます。

ボキャビル(R)マラソン・パワーアップコースは、TOEIC 860点レベルの語彙力が身につくコースです。マスターする語彙3,120語は主要英字新聞の95%をカバーする頻出語。英字新聞を読んだり、ビジネスで使える表現が身につきます。

 

TOEICスコアアップに英単語を学ぶ

TOEICでスコアアップしながら英単語を学びたい人におすすめしたいのが「スタディサプリ ENGLISH TOEIC対策コース」です。

TOEIC学習

TOEICを受験する場合は、TOEICでスコアを狙える英単語から順に覚えていったほうが効率が良いため、TOEIC専用の教材や本は必須です。

また筆者のように、仕事で短期間にスコアアップをしなければならない場合は、パーソナルコーチが丁寧にアドバイスやサポートをしてくれる「スタディサプリEnglish パーソナルコーチプラン」もお勧めできるかと思います。

 

英字新聞や英語ニュースを理解したい

英字新聞を読んだり英語のニュースを不自由なく理解したい場合は、TOEICを受験することをおすすめします。

なぜなら、TOEICでは、まさに英字新聞を読んだり英語ニュースを聴いたりするのに役立つ単語が出題されるからです。

TOEICで800点後半から900点くらいを目標に受験していくといいと思います。

英字新聞や仕事で英語

 

英単語を覚える強力なサポートになる語源にも注目

上記で紹介した英単語習得のための教材は、それぞれ記憶の仕組みを利用して作られています。ですから、これら教材を使うことで、効率的に英単語を覚えていくことができます。

しかし、もし時間に余裕があれば、英単語の語源を頭に入れておくこともお勧めします。語源を活用すると、さらにスピーディーに英単語を記憶していくことができるようになります。

英単語の語源を知ることのメリットや覚え方など下記の記事にまとめました。興味があればこちらもぜひご覧になってみてください。

遊び・トレンド語源

楽しく短期間で英単語を身につける語源活用法!語源のメリットや覚え方を知ろう

英単語は記号のようで覚えるのが大変・・しかもようやく覚えたの…

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。

今回は、どれくらいの英単語を覚えたら良いのか?というテーマでお話ししてきました。

英語を流暢に話したい、TOEICでスコアアップを狙いたいなど、目的に合わせた単語数の参考にしてみてくださいね。

ではまた!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください