MENU

ロゴ

 

新型「HHKB Studio」の実機レビュー|この製品はこんな方に特におすすめです

当サイトは実体験をもとにしたブログですが、広告リンクを含む場合があります
HHKB Studio

こんにちは、謎の生物です。

2023年10月25日に、新型Happy Hacking Keyboard「HHKB Studio」が発表されました。

HHKB Studioは「ポインティングスティック」と「ジェスチャーパッド」が搭載された新しいコンセプトの製品。

HKKB(Happy Hacking Keyboard)の新作発表は、2019年のHappy Hacking Keyboard HYBRID Type-Sの発売以来4年ぶりです。

この記事では、

  • 「実際にHHKB Studioに触ってみた感想」
  • 「HHKBはどんな人にオススメなのか」

についてお伝えします。

では、さっそく新しいHHKB Studioについて見てみましょう。

Happy Hacking Keyboard
¥44,000 (2023/10/31 23:00時点 | Yahooショッピング調べ)
\ポイント最大9倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピング
この記事の内容
  1. HHKB Studioのレビュー
  2. HHKB Studioがおすすめの人
  3. HHKBの選び方
この記事を書いた人
auther謎の生物
謎の生物

IT企業を渡り歩く、エルゴノミクスキーボードが大好きなプチキーボードマニア。
HHKBの存在は昔から知っていたが、値段の高さに驚愕し、安価なメカニカルキーボードに数年間逃避する。
2019年にHHKB HYBRID Type-Sを購入してから、毎日愛用している。

目次

Happy Hacking Keyboardの特徴

エンジニア男性

ご存じではない方のために、HHKB(Happy Hacking Keyboard)について簡単に解説します。

HHKBは、1996年にPFU Limitedによって初めてリリースされました。その独特なデザインと優れたエルゴノミクスは、すぐにキーボード愛好者の間で話題となり、HHKBは高い評価を受けるようになりました。

コンパクトかつ効率的なレイアウトは、プロフェッショナルなタイピング体験を提供しながら、デスクスペースを節約できるという利点をもたらしています。

謎の生物

HHKBはプロが使う道具というイメージじゃ

HHKBの特徴
  • 心地よい「打鍵感」
  • プログラマーに最適なキー配列
  • 無駄がない「コンパクトサイズ」

HHKBのおすすめポイントについては、以下の記事で詳しく解説しています。

心地よい「打鍵感」

HHKBの最大の特徴は、タイピング時の心地よい「打鍵感」です。

HHKBはとくに「エンジニア」や「ブロガー」などに高い支持を得ています。

長時間キーボードをつかうユーザーが、文章を執筆する道具にこだわる様子は、「万年筆」の愛好家が、書き心地の良さを追求するのと似ていますね。

プログラマーに最適なキー配列

HHKBのキー配列は、一般的なキーボードと異なり、ControlキーがCaps Lockキーの位置と入れ替わっています

また、HHKB英語配列モデルでは、カーソルキーもありません。

HHKBのキーレイアウト(英語配列)

不思議なことに、HHKBのキー配列に慣れてなれてしまうと、とても快適にキーボード入力が行えます。

謎の生物

HHKBのControlキーの配置は、ショートカットボタンを押すのに便利なのじゃ

もしHHKBの独自のキー配列が使いにくいと感じた場合は、カスタマイズでキーマップ(キーの配置)を変更※できるので安心です。

※CLASSIC以外のモデルは、キーの配置を変更可能できます。

無駄がない「コンパクトサイズ」

HHKBは、テンキーを備えたフルサイズのキーボードと比較すると、60%程度のコンパクトな大きさです。

机の上を広く使いたいというユーザーには、小型サイズのHHKBはおすすめです。

HHKB Studioのコンセプト

HHKB Studio

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてもらえると嬉しいです!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次