ダイビング入門101 / Scuba Diving 101

[HOW-TO] ライセンスをとってスケールの大きな海を楽しもう

Sponsored Link




ここでは、ライセンス(Cカード)取得に関して必要な情報を確認していきましょう。

筆者が初めてダイビングのCカード取得を決意したとき、なんだか心躍ったのを記憶しています。これから新しいことを学ぶドキドキ感。新しい世界が広がっていくワクワク感。
あなたはどんな風に感じているのでしょう。
ダイビングを通してあなたの世界がよりいっそう広がっていくことを願っています。

 

私もできる?ライセンス取得に必要な条件

まずは念のため、年齢や健康状態などライセンス取得に必要な条件を下記の記事でチェックしてみましましょう。

いががでしたでしょうか。
記事の中でご紹介したドイツの映画監督で女優のレニ・リーフェンシュタール。
71歳でダイビングのライセンスを取得するなんてすばらしいですね。
そして100歳を超えても海へ潜る… そんな彼女の生きざまからは勇気がもらえます。

取得に関するあれこれ

ライセンス取得に必要な条件のチェックも終わり、いざ講習を申し込むための行動にうつそうにも、初めてだとまだまだ分からないことだらけだと思います。
ここではライセンス取得に関する「はてな」についてお話していきます。

必要な費用の相場

都市型・地域密着型ダイビングスクール:取得にかかる費用は6~8万円ぐらい
海外などのリゾート地のショップ:3万円前後くらい+旅費・交通費

※ダイビングスクールごとにサービスの差別化がはかられています。そのため値段も異なってきます。上記相場はあくまで目安とお考え下さい。

上記の費用には下記のものが含まれています。

  • 学科講習費
  • プール講習費
  • 器材レンタル代
  • 保険代
  • カード発行費
  • 試験費用

 

ダイビングスクールやショップに「講習費にすべての費用が含まれているか」「追加料金はどれくらい必要か」必ず確認しましょう。
例えば、学科講習の教材が別でとられたり、器材レンタルが別途かかったり、海洋実習のための海への移動費用が必要になったりするケースなどよくみうけられます。

 

必要な期間

基本:学科講習1日+プール実習1日+海洋実習2日=合わせて4日程度必要

※ ダイビングスクールやショップによって様々なプランを用意しているところもあり、3日コースや5日コースなどもあるようですので、スクールやショップを探す際、確認しましょう。
※ 海外リゾート地では、3泊4日プランなども用意されています。
※ 学科をeラーニングで自宅で済ませ、現地では実習のみ受けるということも可能です。時間に余裕のない方にはおすすめです。

 

どこで取得するか

生活パターンや好みに合わせ下記の中から選ぶと良いと思います。

近くのダイビングスクール(都市型・地域密着型ショップ)

お住まいの近くや自身の行動範囲にあるダイビングスクールやショップで講習を受けることができます。

受講スタイル:
一般的には学科やプール講習をスクールや近くのプールで行い、海洋実習はそのスクールが提携している近く海で行うことになります。

向いている人:
近場のスクールで講習を受け、講習前後に気軽に相談したり、近くでダイビング仲間をつくりたいといった方には向いていると思います。
また、都市型・地域密着型ショップでは、夜に学科やプール講習を開催しているところもあるので、連続した休みが取れず平日の夜に受講したいサラリーマンの方には良いと思います。

 

海外や国内の現地サービス

ダイビングスポットの近くにある現地ダイビングショップで講習を受けることができます。例えば、国内だと伊豆、和歌山、沖縄など。海外だとグアムやサイパンが近くて人気です。

受講スタイル:
一般的には学科と海洋実習を3~4日かけて集中して行うということになります。
あらかじめ自宅で学科をeラーニングで済ませておけば、現地では海洋実習のみとなり時間を短縮することができます。

向いている人:
自分の潜りたい場所(例えば、暖かい沖縄やグアムがいいなど)から選びたい方には、こちらがおすすめです。
海外で潜る場合、英語に不安がある方は、日本人インストラクターがいるかどうか確認しましょう。

 

ちなみに、筆者はグアムでライセンスを取得しました。
グアムでの取得理由は、”暖かい” ”旅のついでに行きたい” ”料金が安い” ということでした。
また、学科はeラーニングをあらかじめ日本で済ませておいたので、現地での時間の節約になりました。

 

いつ取得するか

林修先生の「いつやるか?」をお借りすると「今でしょ」。
実際、取りたいと思ったときベストなタイミングではないでしょうか。
やりたいと思っている時というのははモチベーションも高くすぐに行動に移せるので、後のいろいろなことが上手くまわっていくはずです。

ベストシーズンという観点からいうと、講習を受ける海によって”透明度” ”水温” ”混雑具合” などの条件が異なってきますので、これらの条件を考慮しご自身の納得した時期と場所を選択するのが良いと思います。
(例えば、筆者を例にして考えてみると。寒がりで、綺麗な海への憧れが強かったので、水温も高く透明度もよいグアムというエリアで取ることを決めました。また、混雑が少なく+旅費も安い+雨の少ない乾季 という条件から、6月に行くことにしました。

 

講習を申し込む前の予備知識

さて、取得にかかる期間や費用の相場、”いつ” ”どこで” 潜るかのイメージもできてきたかと思います。このあと、ダイビングショップやスクールを探して申込みをすることになりますが、その前に、検索する際に予備知識としてあったほうがよい情報を確認し、良質なダイビングサービスに申し込めるようにしましょう。

指導団体とは

ダイビングのライセンスの情報をみているとPADI、NAUI、SSI… などなんだかよく分からない単語を目にしませんか?これらは全て指導団体です。「指導団体ってなあに?」という方は、まず指導団体の概要を少し下記の記事で確認してみてください。

 

ダイビングショップ・スクール選びのポイント
  • 無理なく通えるか(アクセスや営業時間が自分にあっているか確認しましょう)
  • 講習料金のトータル費用はいくらか(本ページの「必要な費用の相場」のところでもお話ししましたが、「トータルでいくら」かを確認しましょう)
  • 発行されるCカードの指導団体はどこか(本ページの「指導団体」のところに紹介したような信頼のある指導団体からのCカードを取得しましょう)
  • 利用する施設の充実度(プール講習や海洋実習で利用する施設には、シャワー・更衣室・トイレなどがきちんと整っているか確認し、気持ちよく講習がうけれるところを選びましょう
  • スクール・ショップの品質(実績のあるスクールか、経験のあるインストラクターか、何かあったときスタッフが丁寧に対応してくれそうか、などできる限り情報を集めて確認しましょう)
  • 講習内容とスケジュールに無理はないか(講習期間が適切かどうか。もし泳ぎや体力に不安があった場合、補習の講習に十分時間をかけることができるかなど確認しましょう)

 

ダイビングショップやスクールを探して申込む

国内や海外の現地サービスをつかってライセンス(Cカード)取得を考えているなら、下記のサイトがおすすめです。
遊び特化サイトの特徴として、情報(スケジュール・コスト・施設など)の比較検討がしやすく キャンペーンなどのおとく情報も確認できます。

ダイビングライセンス  もしくは  Cカード  もしくはオープンウォーター  のキーワードで検索してみましょう

asoview!(アソビュー)

国内のダイビングのことなら、このサイトは分かりやすく情報量も多いので便利に使えます。
エリア、ダイビングスタイル、予算、日程などの条件から絞り込み検索ができます。おすすめ順や料金が安い順などで候補プランが一覧表示され、比較検討もしやすいと思います。
プランの特徴・スケジュール・支払いといった詳細情報から体験談まで見ることができるため、短時間で必要な情報にたどり着くことができます。ネット予約が可能です。

asoview!(アソビュー)のダイビング検索はこちらから

 

VELTRA(ベルトラ)

国内~海外のスクーバダイビングまで幅広く取り扱っています。
海外で潜る場合は、こちらのサイトが便利だと思います。
ディスカウントキャンペーンなどもよくやっているようです。ネット予約が可能です。

海外現地オプショナルツアーなら【Alan1.net / VELTRA】

 

H.I.S(エイチアイエス )

ダイビングをパッケージツアーに組み込みたい場合には、こちらのサイトが便利です。
ネット予約が可能です。

 

Google(グーグル)

場所や気温、行き先の好みなど、細かなこだわりがある場合は、Google(グーグル)を使って検索するとよいでしょう。

例えば、海緒という男性を例にあげ、彼の検索から申込みまでの行動をみてみましょう。

海緒のプロフィールとダイビングライセンスへのこだわり
名前:海緒

プロフィール:28歳。男性。自宅と会社は渋谷。

彼のライセンス取得へのこだわり:

  • 夏休みに家族でグアムへ行ってファンダイビングを楽しみたいので、それまでになんとかダイビングのライセンスをとりたい
  • しばらくはまとまった休暇が取れないため、会社帰りや土日で取得したい
  • 取得後もダイビング仲間や相談できる場所が欲しいため、自宅近くのショップやスクールを検討している
  • 最近4K大型テレビを購入したため、ダイビング取得にはあまり予算がさけない

 

ダイビングサービス探しから申込みまでの海緒の行動

1. グーグルを開き、検索ボックスに「渋谷 ライセンス取得」と入力する

2. 渋谷にあるライセンス取得コースを用意しているダイビングサービスが検索結果として表示される

3. その中で「パパラギダイビングスクール渋谷店」「渋谷ダイビングショップKANOA」 のホームページを開いてみる

4. 各ダイビングサービスのホームページから、ライセンス取得コースの詳細情報、お店の特徴、キャンペーン情報が得られる


パパラギダイビングスクール渋谷店を見てみると… (パパラギダイビングスクール渋谷店
オープンウォーター取得コース ¥39,000(平日ならさらにお得)というキャンペーン情報や「安全・安心への徹底的な取り組み」「年間1,000本以上!ツアーの数がすごい!」「55,000枚以上のCカード発行枚数!」「 仲間ができる多彩なイベント!」「店舗数が多くて便利!」などのこだわりの情報を得られた。

同様に
渋谷ダイビングショップKANOAのページを開いてみると… 渋谷ダイビングショップKANOA
やはり オープンウォーター取得コース ¥29,800 というキャンペーン情報や「女性スタッフ常駐」「講習は少人数制」「フリースケジュール制」「仕事帰りもOK」などのショップこだわり情報が得られた。これらの情報から、両ダイビングサービスともに、海緒のこだわり条件(自宅近くのショップで探したい、仕事が忙しく会社帰りに受講したい、あまり予算はない)を満たしていることが分かった。


5. 海緒は自分との相性を確認するため、仕事帰りに2つのお店に立ち寄って話しを聞いて見る。

6. 実際お店に立ち寄ってみると、どちらのお店も対応に好印象が持てた。
「渋谷ダイビングショップKANOA」は「フリースケジュール制」で受講できるため時間の都合が付けやすそうだ…
「パパラギダイビングスクール渋谷店」はグアムにもお店があり、夏休みのファンダイビングの時にもなにかと心強いな…

7. 結局、ライセンス取得後のことも考え、グアムにもお店があってダイビングツアーやイベントが盛んに開催されているパパラギダイビングスクール渋谷店を選んで申し込んだ。

 

 

いよいよライセンス(Cカード)取得講習、楽しんできてください

ダイビングライセンス取得コースというのは、基本的に試験やテストといったようなものではありません。
いままで全くなかったダイビングに関する知識やスキルをコース受講中に身に付ける事が目的です。
信頼できるダイビングショップなら、必ず分からない事や出来ない事は最後までしっかり教えてくれるはず。
ダイビング指導団体の方針として「何時間講習を受けたら認定」ではなく、「課題がすべて達成したら認定」となっています。
ですから、安心して、楽しんで受講してきてください。その先には素晴らしいダイビングの世界が待っています。

 

 

 

Sponsored Link




関連記事

  1. ダイビング入門101 / Scuba Diving 101

    [HOW-TO] 体験ダイビングをしてみよう

    いざ体験ダイビングをすると決めても、参加までに何をしたらよいのか、ダイ…

  2. ダイビング入門101 / Scuba Diving 101

    ダイビング ー Cカードと主な指導団体

    ここでは、Cカードと主な指導団体について概要を理解していきましょう。…

  3. ダイビング入門101 / Scuba Diving 101

    私もできる? ー ダイビング ライセンス (Cカード) 取得に必要な条件

    ダイビングのライセンス取得には興味がある。でも私 本当にライセンス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link



最近の記事/Latest Posts

  1. 富士フィルムX-T20
  2. 雪吊り松と吹上茶屋のライトアップ
  3. 旧古河庭園ーバラと洋館
  4. シャッタースピードを遅くしてブレを起こした夜の写真
  5. シズラー店内
  6. ソニーのカメラ
  7. ビッグボーイの看板
  8. 雰囲気ある写真を撮ろう
  9. 世界と繋がるイメージイラスト
  10. 勉強する女性

アーカイブ/Archives

PAGE TOP