ダイビング

一度は行きたい感動のサーディンラン!ダイビングでまだ見ぬ世界を体験しよう

こんにちは、茶子です。

少しずつ暖かくなり、ようやく春らしさを感じるようになってきました。
”各地で夏日を記録”というニュースの声もチラホラ聞かれますね。

春から夏って、なんだか活動モードに入ったように感じませんか?
ゴールデンウィークや夏休みの予定を考えねば!と妙にソワソワしてみたり。

そんな活動モードになったら行きたいのが、、ダイビングです!

 

ダイビング中の茶子

 

そんなダイビングの感動をこのブログで共有できないかなー?と思いながら、ここ最近探していた動画があります。

それは、「世界の果てまでイッテQ!」で放送された”10億匹のイワシの群れをフィッシング!”。

この番組で、オーシャンズ金子が南アフリカでサーディンランを目掛けて潜水したときの様子が放送されたのですが、ご存知でしょうか?
(ちなみに「世界の果てまでイッテQ!」は、日本テレビ系で2007年から放送されている人気バラエティ番組です。“オーシャンズ金子”とは、俳優の金子貴俊さんのことです)

この番組の映像は、私がこれまで見たダイビングの映像の中で、最も感動したものです。

放送を見ながら、圧倒的な驚きと感動の連続で、鳥肌が立ったのをよく覚えています。

そこで、ブログで共有できたらと思い映像を探していました。

でも番組の動画は見つけられませんでした..(残念です、ダイビングをしている方とほんとに共有したかったのですが)

サーディンラン

 

番組で放映された映像は見つけられませんでしたが、ここで、サーディンランと、その番組の映像について少しお話させてください。

サーディンランとは一言でいうと、イワシの大群大移動のことです。
このイワシの大群が織りなすサーディンランの規模ですが、幅4キロ、長さ15キロ、深さ40メートルにもなるとも言われています。この数字を見ただけでもサーディンランを目の当たりにしたときの迫力は想像に難くないですよね。

実際「世界の果てまでイッテQ!」で製作されたその映像は、本当に本当に驚きの連続でとても圧倒されるものでした。

サーディンランの姿にはもちろん感動するのですが、捕食者たちの存在がさらに圧巻でした。

  • 水中ではどこからともなく、たくさんのイルカ、サメ、クジラがイワシの捕食を目的にやってきます
  • 上空からはカツオドリの大群が何度も何度もダイブを繰り返しながら捕食に参加してきます

そんな海中での凝縮された生命の営み..これが、とてつもない迫力となって映し出されていました。

この瞬間をご自身の目で体験された“オーシャンズ金子”こと金子貴俊さん、本当に羨ましい。。そして、金子さん含め番組製作スタッフの方、本当に素晴らしい制作をされたと思います。

(番組の動画を紹介したかったのですが、どうしても見つからないので、代わりに、記事下のほうにYouTubeからサーディンランの動画をピックアップして掲載しました。ご覧になってみてください。)

 

南アフリカはサーディンランでとても有名な場所ですが、実際に行くには少しハードルが高い場所なので、私は代わりにセブ島の南西部に位置するモアルボアルというところへサーディンランを見に行ってきました。

写真はモアルボアルで見たサーディンランです。視界のすべてを奪ってしまうほどのイワシの大群が現れ、まるで巨大な生物のようにうねっていました。

セブ島でのサーディンラン セブ島でのサーディンラン

ついつい大好きなダイビングの話題だと熱くなってしまいますが..
ここまでお付き合いいただき本当にありがとうございます!

でもどうでしょう、ダイビングの世界ってやっぱりワクワクしますよね?

ダイビングの世界をもっと知りたい方は、下記の記事もぜひチェックしてみてください。

遊び・トレンドダイバーと光

スキューバダイビングの始め方-体験ダイビングから、ライセンス取得までの初心者向けガイド

スキューバダイビングをしてみたい、気になっている・・・そんな…

 

YouTubeからピックアップしたセブ島のサーディンランの動画をご紹介します。
私がセブ島モアルボアルで潜ったときもまさにこんな感じでしたよ。

下の動画は、YouTubeからピックアップした南アフリカのサーディンランの様子です。
ドラマのようなカット割りが少し笑えますが。。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください